受検予定の漢検の内容について。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

さて漢検について、

あくまでも個人的に思うことなどを書こうと思います。

(㊟個人的な見解なので、詳しくはご確認お願いします)

 

娘は来週末に漢検3級を受検予定ですが、

漢字検定は漢字の読み書きの他に、

級に応じて難易度などは異なりますが、

四字熟語、熟語の構成、偏等のつくり、対義語・類義語等の漢字にまつわる、

まさに「THE 漢字」

当たり前なんですが…の検定です。

 

漢検なるものの存在は、

受検したことがなく&無知な私でも知っていますが、

娘が初受検することになり、

まずはHPや本で確認してみたところ、

読み書き以外の問題も多く出題されることを知り、

読み書きのうち、運と勘に頼って読みは何とかなったとしても、

 

その他の問題は、

特に四字熟語は、

無知な私には見たことも聞いたこともない

バリエーション?に富んだものが多く、

「何て読む?」と読み方すら分からないものばかりで、

かろうじて読めたものでも意味を知らないものばかりで、

そもそも四字熟語って「こんなにたくさんの種類?があるのか!」と

びっくりしたくらいなので、

とてもじゃないけど…きちんと対策をしたうえで臨まないと、

合格最低点を得るのも難しいと思いました。

 

母国語である日本語だし、

普段本や新聞、ネット等で

生活に困らない程度に文章を読めるから

漢検は学年相応の級を受検すれば大丈夫だろう…と思っていましたが、

「THE 漢字」の漢検は、

中3受験娘&PTA母の漢字音痴な二人にとって、

(↑受検するのは娘だけだけれども…)

思っていた以上にハードルが高いことに気づかされました。

 

コロナ休校中の時間を利用して、

娘は約1ヵ月前からちょっとずつではありますが、

学校や塾の課題等と並行して、

対策に取り組んでいるので、

 

来週末にコロナの影響を受けず、

無事に受検できて、

無事に合格できますように。