前期中間テスト当日の母。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

娘の中学は、本日が前期中間テストでした。

 テスト当日の私は、

多分…浮つき気味でした。

 

何故なら去年、

テスト直前に風邪やインフルエンザに罹り、

忘れ物をして取りに戻ってから学校へ再び戻るという

アクシデントに見舞われ…💦

(体調管理で風邪は予防できますし、忘れ物も自己責任ですが…)

娘はいつも通りなのですが、

私は過去の苦い経験から

テスト当日は何となく落ち着かないのです。

いつも娘を学校へ送り出してからパートへ行くのですが、

仕事中に<今は英語のテストをやっている時間だな>とか思うのです。

それでも今日はパート先で健康診断があり、

いつもと違う1日の流れだったので、

あまり娘のテストの事を考えなくて済んだのですが(笑)。

 

いそいそと仕事が終わって帰宅すると、

娘が先に帰っていたのですが、

テストがどうだったか聞きたいけれど、

手ごたえがあったら言うだろうし、

言わないならあまり出来なかったのかもしれないし、

あんまり聞くのも大人げないし、

と考えて、

本人から言い出すまでは聞かないでおこうと思っていると、

娘が「ちょっと仮眠するから15分したら起こして」と言って寝たので、

家事をしながら起こすまでの間に、

今日は塾の授業が19時半からだが

いつも通り18時過ぎに行って1時間半だけでも自習もするか、

それとも、

テストがあったので今日ぐらいは19時半からの授業だけにするか、

を考えていました。

どちらが娘にとって良い判断で、

どちらが親として良い判断なのか…。

 15分後に娘を起こした私は、

娘が「今日ぐらいは授業だけにしたい…」と言うかもしれないと思いながらも、

いつも通り18時過ぎに塾に着けるよう支度にとりかかりました。

日中に職場で健康診断を受けながら考えてもいたのですが、

テストがあった日も自習室に行き自習をする

の行動に意味があると思うのです。

もちろんテストがあった日ぐらい授業は行っても自習は休んで

リフレッシュもアリだと思います。

体調次第で休んだ方が良い時もあるでしょう。

しかし、テストがあった日の後こそ自習をすることにしたのは、

明日は土曜日で13時半着で塾に行くので午前中は自由に過ごせるし、

テスト後で行かなければならない強い理由がないけれど

自習が当たり前になるぐらい自習に行くことを優先したからです。

私の理想は、

高校入試の後も、

合格発表の後も合否に関係なく、

自習するぐらい自習を日常に溶け込ませたいのです。

自習に溶け込みたいのです。

(溶け込むのは娘ですが)

塾に向かう支度をしながら私はそれとなく&さりげなく、

テストの手ごたえを聞いてしまいましたが(笑)。

 

そしてルーティーン通りに塾へ送って行きました。

part2に続きます⇒

  

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。