前期中間テストの返却part2。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

先週末、娘の中学で前期中間テストがありました。

テスト後の娘に手ごたえを聞いてみたところ

4教科はまあまあな気がするけれど、

残り1教科の国語が…との事でした(涙)。

 

週明けの今日、

数学以外のテストが返却されました。

定期テスト・実力テストで450点OVER/500点を

目標にしているので、

1教科でも「ヤバい」教科があると、

他の4教科でカバーしなければならず、

大きくヤバいなら95点以上はとらないと厳しくなります。

ヤバいと予想していた国語は…

返却された解答用紙を見たところ、

小さくヤバいだったので、

望みを明日につなげることができそうです。

 

さて返却された問題用紙も見るようにしているのですが、

450点OVERを目標に掲げて

勉強に取り組み始めた中2の8月以降と、

それ以前のテストの問題用紙には、

大きな違いが見られます。

例えば数学だと、

中2の8月までは、

計算問題が中2の後半以降に比べて

比較的易しめというのもあるのでしょうが、

途中式を省いたり答えだけを解答したりで…

また解答用紙に答えを記入し終えて時間が余ったら

娘曰くざっと見直しはするようですが、

余白を使って再度の解き直しをするようなことは少なく、

問題用紙が悪い意味でキレイでした。

しかし毎テストで450点OVERを目標にしてからは、

1点でも多く欲しい&一問でもミスしたくないという気持ちから、

途中式を書いたり解き直したりのあとが

余白にびっしり残っていて

問題用紙が良い意味でキタナイのです。

それもかなりキタナイのです(笑)。

問題用紙を見ていると…

テスト中にどんな気持ちで

この字を数字を書いたのだろうかと思うと、

一生懸命さが伝わってくるこの問題用紙を見ていると、

点数に関係なく…点数が良いにこしたことはないのですが💦

胸にぐっとくるものがあるのです。

ただ欲張りな私は、

胸にぐっとくるものとは別に求めてしまうものもあって、

点数以外にも

偏差値や平均点との差という結果でも、

胸にぐっとくるものを

感じたいと思うのです(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。