娘のペンだこvs母の手まめ。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

何日か前のブログに書いたのですが、

娘は勉強に取り組み始めてから

右手の鉛筆やシャーペンを持つと当たる中指の

手の甲側から見て第一関節の左側(爪の斜め左下)に

ペンだこができました。

(画像だと分かりづらいのですが、実物は少し厚みがあってやや立体的です)

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200726161831j:plain

ペンだこ

私はペンだこが出来るという素敵な経験をしたことがないので、

ちょっとうらやましく思うのですが、

自分の手をじっくり見ていたら、

ペンだこはないけど、

左手の平の中指の付け根に、

なくなりかけの手まめがあるのです。

見ただけではほとんど分からないのですが、

なでるとちょっと固いです。

この手まめは数十年前に、

体育で毎学年の時に必ずあった逆上がりの授業で、

私は小1~6年時までいつまでたってもできなくて毎年、

何度も練習した時にできた手まめのなごりです。

(結局…いまだに逆上がりができずに大人になっています)

 

ペンだこ と 手まめはだいぶ違うのは、

ブログを書いていてうすうす気が付いてきましたが、

大人になった娘がペンだこを見たときに、

あの時、勉強を頑張って良かったと

少しでも思えますように…。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。