筆記用具(ペン類)。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

約1年前から自習室通いを始めて、

自主学習の時間が増えるにつれて、

選ぶペン類に変化が現れました。

 

勉強に取り組み始める1年前までは、

(宿題以外はほとんど何もしていなかったのですが)

テスト直前に2、3時間ほど机に向かった時は、

女子なので沢山の色ペンを持っているため、

自主ノートを多くの色ペンを使って

いかに綺麗に仕上げるかが目的となった

勉強の仕方をしていました。

勉強というかノートを一種の作品とした

作品作りに近いものがあったように思います。

それでも普段は勉強しない娘が勉強机に向かっており、

ペンをとっかえひっかえして楽しそうに図を書き、

綺麗に丁寧に仕上げたノートに満足していたので、

口を挟まず任せていました。

 

1年前から自習室通いを始めてから、

沢山のペンを使うと、

色使いに悩み気を取られ、

目的の色ペンを取り出し、

ペンのキャップを外して被せることに

意識が向きがちになり

無駄が多く手間がかかることに気が付いたようで、

(㊟あくまでも個人的な見解です。

 色ペンを使う方が効果のある方もいると思います。)

色ペンは赤・青を含む2~3本になり、

ノートの書き込みはカラフルさはなくなり

シャーペンの黒と

色ペンの赤・青で地味になりましたが(笑)、

無駄の少ない書き方になったように思います。

  

色ペンは替え芯や同じペンをリピ買いしているので、

ペンを見るだけでも

本人のスタイルが出来上がってきているように感じ、

この変化を嬉しく思いました。

  

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。