勉強アイテムの赤シートとプリントリング。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

以前のブログに何度か書いたことがありますが、

娘が利用する勉強アイテムの一つに

 <赤い下敷き>があります。

 

ルーズリーフ等に自分がシャーペンで書いた文字に

赤シートor赤い下敷きを重ねると

文字が隠れるマーカーでラインを引いて、

覚えたいワードの暗記に役立てています。

 

娘は最近、

そのマーカーでラインを引いた文字があるルーズリーフやプリント類を

パンチ穴で穴を空けてリングで閉じたものと、

(我が家ではプリントリングとよんでいます)

赤い下敷きを、

透明のクリアファイルに入れるようになりました。

  

この時、赤シートではなく赤い下敷きなのは、

B5サイズ以上が多いルーズリーフ等に重ねる際に、

赤シートだとサイズが小さいために読み進めると、

赤シートを左右や下へずらす手間があり、

重なっていないマーカー部分の文字が目に入る場合があります。

赤い下敷きはページ全体に重ねることができるので、

ずらす手間も、

見たくない文字が目に入る心配もなくなります。

また下敷きなので、

ルーズリーフ等と同じorそれよりやや大きいサイズが多いので、

クリアファイルに一緒に入れることで、

プリントリングの紙の保護にも役立ちます。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200827195239j:plain

(左から)クリアファイル+赤い下敷き+プリントリング

 

上の画像のプリントリングのルーズリーフは撮影用のため未使用ですが、

使用中の用紙には文字+マーカーでラインが引いてあります。

左端の上にリング穴が有るので、

紙の補強のために数センチ四方の厚紙も

ページの始まりと終わりに綴じています。

この厚紙があったほうが

ページの始まりが探しやすいかもしれません。

(厚紙を挟まない場合は、

 用紙の縁などに色ペンで色or折り目or付箋をつける等の

 目印を施すと良いかも)

 

またプリントリングはカードリングとは違って

B5サイズ以上の用紙を綴っているので、

リングの輪は用紙の束の厚さに対して

ゆとりがあるくらいの方がページがめくりやすいように思います。

(㊟あくまでも個人的な見解です)

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。