学習の変化etcの続き。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

前回のブログの続きです。

  

娘が勉強を始めた去年8月~今日までの約1年1ヶ月間を、

伴走して見てきたのですが、

その間に良い意味で変わったと気づいたことがあります。

  

娘はあまり勉強していなかった頃は、

私にノートやプリントの書き間違いを指摘されるのを

嫌がっていたのですが、

最近は指摘後には

すぐに調べ直して訂正するようになり、

あやふやな漢字や漢字&英単語の意味も、

曖昧にしないで辞書で調べることが多くなりました。

(辞書を使う頻度が多くなったので、

机の真横の本棚には戻さず付属のケースにも入れずに

机の上に置いたままにするようにしました)

 

また英検対策の参考書を購入する際に、

先生から良いと勧められた参考書を迷わず買い求め、

 

青色は集中力を高めるカラーらしいと聞くと、

自宅にあるもので青色があったら交換してみたり、

 

書籍やネットにあった

書いて覚える暗記は青色のペンで書くと良いという

記事を読んでからは取り入れて実践中で、

(㊟詳しくはお調べ下さいませ)

書いて覚えるよりは見て覚えた方が良い教科もある

ということを聞けば、

赤シート&赤シートで文字が隠れるマーカーを使用して

見て覚える暗記にトライ中で、

 

寝る前の学習には暗記が適していると聞けば、

寝る直前に本を開いて覚えたいワードに目を通してから

寝る習慣を数か月前から継続中です。

 

小さなことかもしれませんが、

良いと勧められたことをまずは試してみようと

1つ1つ実際に行動に移せているのが、

とても価値のあることのように思えるのです。

  

これをきっかけに継続できていることがいくつかあるので、

効果の有無が分からないところもありますが、

きっと無駄にはならないと信じているのです。

(㊟あくまでも個人的な意見です)

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄り下さいませ。