自主学習ノートpart2。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

前回のブログの続きです。

 

娘は約1年1ヵ月前の

中2の夏休みに入った8月から

週3日の授業と、

授業の無い週2or3日を自習のため塾に通っています。

塾の授業用のノートは5教科それぞれ別にあるので、

主に自習に使用したノートの冊数は

ここ約10ヶ月間で14冊ありました。

ざっくり計算すると

1ヵ月で1.5冊の消費ペースになります。 

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200906120740j:plain

使用済みの自主学習ノート

 

ノートを開いてページを見ると、

ノートの使い方の変化にも気づかされます。

例えば書いて覚える暗記には青ペンで書くと良いというのを、

ネットや書籍で目にした時から、

覚えたい語句やワードを青ペンで書くようになったため、

青ペンで書かれているだけのページがあります。

また書いて覚えるより、

見て&読んで覚えた方が

自分には効率が良い教科があるのに気が付いてからは、

特定の教科のノートへの書き込みが少なくなっていたり、

漢字はやはり書いて覚えるため漢字ばかりのページがあったりします。

また1年前までは娘の学習はインプットばかりでしたが、

勉強を継続的に取り組むようになってからは、

アウトプットの重要さに気がついて、

徐々に演習もバランスよくこなすようになって

答えと〇付けページが多くなり、

間違いはすぐに間違い直しをしているのが、

ノートを見ると分かるようになりました。

また〇付けや訂正の仕方も

だんだんと統一されてきているように見えてきました。

何となくですが自分の勉強スタイルというのが

出来てきているように思えます。

(㊟あくまでも娘の場合です)

ノートの内容の振り返りで、

弱点や成長を知れることもあるので、

約10か月前からはノートを処分しないで

保管するようにしています(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。