ある日の塾の送り道の続き(塾の送迎)etc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

前回の続きです。 

 

大雨にも動じず自分の食べたい物を貫き通し、

柚子をきっちり絞って車内でうどんを食べる娘に、

つゆと柚子の皮と割りばしが残った透明容器を後部座席に残して

何食わぬ顔で颯爽と塾に向かう娘に、

複雑な感情を抱きつつ、

それ以上に、

先ほど立ち寄ったコンビニで

レジ袋が有料化のため袋を断ってしまったので、

大根おろしがまざったつゆの残る透明容器を見て、

つゆ入り容器をいかにして持ち帰るかということを考えて、

さらに複雑な心境になったのでした。

 

このまま後部座席に置いておくわけにもいかないので、

まずはゴミを集めて、

うどんが入っていた透明容器に収めてフタを閉じました。

そしてこぼれた場合に被害が少なそうな

助手席の足元に置いて、

さっきまでの大雨の時以上に、

もうすでに雨はほとんど止んでいましたが、

慎重な運転を心がけて帰宅することにしました。

帰宅の道中は、

雨音も「ズーズズ」のすする音も無くなった無音の車内に、

柚子の香りだけが漂っていました。

 

無事につゆをこぼさずに帰宅できたので、

容器のフタを開けて、

つゆとゴミを分別して処分し、

先ほどびしょ濡れになった服と髪は

だいぶ乾いてはいましたが、

服は着替えました。

 

すっかり気分は冷やしうどんになってしまったのですが、

うどんの買い置きが冷蔵庫にはなかったので、 

夕飯の支度のためお米を炊き始めたのでした。

数時間後には、

娘を迎えに行くため塾へと向かうのですが、

そのころには車内に柚子の香りが

残ってないと良いなと思ったのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。