回り道の子供の学習etc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

娘は中2の春に塾に入るまで、

テストの直前でもほとんど勉強をしていませんでした。

また習い事は小5の9月に友達に誘われて入会した〇文式以外は

何もやっていませんでした。

 

教育に対して方針がなかった訳ではなくて、

日常生活の中で手探りながら

自然に触れたり、

読み聞かせをしたりと、

できることを無理のない範囲で

取り入れてはいました。

 

娘が小学校の中学年頃からは、

私の関心のある分野が多かったですが、

教養や情操教育の下地になればラッキーぐらいの気持ちで、

博物館や資料館へ連れて行くようにしました。

特に戦争については、

受験とか勉強には関係なく、

私が知っておいて欲しいという気持ちがあり、

娘はあまり興味がなくても

長期休みに特別展等へ足を運びました。

また幾つかの資料館や特別展へ足を運んだこともあり、

小学校の中学年から夏休みの読書感想文は毎年、

戦争をテーマにした物語や小説を選んで取り組むようになりました。

(もともと娘は作文が得意ではないので、

幾つかの博物館を訪れたため知識がある程度あり

自分の想いや意見が述べやすかったのも、

テーマが戦争の書籍を選んだ理由の1つです)

本は異なりますが、

毎年続けて戦争がベースにある物語の読書感想文を書いていたので、

はじめ、なか、むすびの構成の型は多少は記憶に残っていたので、

それでも書くのはかなり苦戦をしていましたが、

何とか原稿用紙を埋めることができていたようです。

 

さて教養の一環として訪れていた

戦争に関する資料館等ですが、

最近の定期テストの歴史の範囲が、

第一次世界大戦第二次世界大戦の戦後となっており、

歴史は得意なのもありますが、

今までで得た情報や知識が

歴史の教科書の文中に記載されている

戦争へ進む過程や戦中の背景等の

内容と少し結びついたようで、

情勢や背景を踏まえつつ

文中に太文字で書かれている重要な出来事、語句を

理解してインプットできているように思えました。

多分、自信を持って解答を

記入できたのではないかとも推測しています。

そのためこの単元の語句を忘れたとしても

復習をすればスムーズに思い出すことが

出来る様な気がしています。

当時はこの様なことを期待して

展示館へ行ったのではありませんでしたが、

そして数年越しでもありますが、

きっかけがあると知識は結びやすく、

定着しやすくなるのを実感できたように思えたのでした。

(㊟あくまでも個人的な見解です)

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄り下さいませ。