学習etc(オーディオブック)。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

娘は中2の春に塾に入るまで、

テストの直前でもほとんど勉強をしていませんでした。

また習い事は小5の9月に友達に誘われて入会した〇文式以外は

何もやっていませんでした。

 

ただ教育に関心がなかったわけではなくて、

日常生活の中で

自然に触れたり、

読み聞かせをしたりと、

できることを取り入れていたのですが、

その中の一つに<オーディオブック>があります。

 

よく行く図書館に朗読CD付きの本が多数あったので、

幼稚園の頃は頻繁に借りました。

CDを流すのは、

寝る前に娘の選んだ本を私が数冊は読んだけれど、

それでも眠りにつかない時や、

朝、幼稚園へ行く前にテレビをつけるのではなくラジオ代わりに、

寝ぼけてなかなか眠りから覚めないためCDをかけて

徐々に眠りから起こす時が多かったのですが、

私が体調不良の時に借りているCDが自宅にあれば、

読み聞かせ代わりとしても活用しました。

10年ほど前にはカセットも図書館に多数あったので、

CDだけでなくカセットも借りました。

年齢や成長に応じて借りるCDは

絵本⇒民話⇒落語⇒小説⇒文学へと変わり、

(絵本と小説、文学は日本だけでなく外国の話も含む)

内容の変化に応じて

収録時間も十数分から

長いのは上·下巻に分かれて1時間以上あるものへ変わりました。

そのため長い物語を聞いている途中で

寝たり出かけたりするため中断して、

続きから再生をすることも多々ありました。

 

またこの頃、

消費税が5から8%へ増税されるときで、

娘のためと言いながら本当は私が欲しかったので(笑)、

思い切って下の画像の

オーディオブックのセットを購入しました。

セット購入のため付属でCDが収まるスリムなケースがあり、

ケースごと本棚の上に置いたり、

持ち運びに便利なのでCDラジカセの横に置いたりして

使っていました。

 

このオーディオブックセットは

ペーパーの本は付いていないので、

まさに耳で楽しむ本です。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200921153321j:plain

オーディオブックのCDセット

どれも誰もが知る素晴らしい内容の作品ばかりで、

朗読が著名人なのですが、

感情を入れず淡々と読んでいるのため

絶妙な間合い等から

緊張感や臨場感が伝わって、

またBGMで流れる音楽は朗読者の声を遮らないのに、

頭の中で再生できそうなほどメロディーがインプットされました。

セット購入のため内容や読み手に偏りがない点も

我が家にとってはgoodでした。

CDを流すと私もいつも聞き入ってしまいます。

 

このオーディオブックセット以外にも

CD付きの絵本は何冊もありましたが、

娘の成長と共に譲ったりリサイクルへ出したりしたので、

手元にあるのはこの画像のCDのみです。

 

聴こうと思いながらなかなか聴けずに数年ほど経っていますが

大人でも聞き惚れるクオリティなので、

明日は聴こうと思いながら大事に仕舞ってあります(笑)。 

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄り下さいませ。