学習etc(オーディオブック/part3)。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

前回のブログの続きです。

 

娘は中2の春に塾に入るまで、

テストの直前でもほとんど勉強をしていませんでした。

また習い事は小5の9月に友達に誘われて入会した〇文式以外は

何もやっていませんでしたが、

教育に関心がなかったわけではなくて、

日常生活の中で

自然に触れたり読み聞かせをしたりと、

できることを取り入れていた中の一つに

<オーディオブック>があります。

  

下の画像は消費税が5から8%へ増税される直前に、

娘のためと言いながら本当は私が欲しかったので(笑)、

思い切って購入したオーディオブックのCDセットです。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200921153321j:plain

オーディオブックのCDセット

 

これは原作者9人の童話作品集で、朗読は著名人7人による

全15枚のケース付きCDセットです。

CDのジャケットやデザインが原色ではなく落ち着いた色合いなのも、

私には好ましい要素です。

CD1枚に数話~上·下巻で2枚にわたって童話が収録されており、

童話の長さは

短いと約3分で、

長くて約50~60分の上·下2巻で約110分で、

CD1枚の収録時間は約50~75分です。

朗読者は40歳以上なら大抵の人が知っている歌手が多いです。

 

童話×歌手の朗読の組み合わせで何度も聴いていると、

この童話にはこの声での脳内再生が自動で始まるようになりました(笑)。

 

同じようにこのオーディオブックではないのですが、

10年ほど前に図書館でオーディオブックのカセットを借りた中に、

火垂るの墓がありました。

私は学生の時にこの文庫本を持っており、

テレビで何度もアニメを見たこともあり、

娘に読み聞かせで本を読んだこともあったうえで、

オーディオブックで聴くと、

朗読のみでストーリーを伝えなければならないので、

シーンによって描写に工夫がなされているように感じました。

(㊟あくまでも個人的な見解です)

また借りたカセットの朗読者が有名な男性の役者さんであるのを、

テープをかける前にケースの背表紙のラベルを見たときに、

この俳優さんが火垂るの墓を朗読すると

どういう雰囲気になるのだろうと思ったのですが、

何度も借りて聴くうちに

火垂るの墓の朗読はこの役者さんというイメージですっかり固定されました。

また当時は幼稚園児だった娘には

ちょっと内容が難しいかもしれないと感じながらも、

テープをかけたのですが、

意外にも他の童話と同じように聴いているように私からは見えて、

難しいかもしれないと思ったのは私の先入観であったと

気づかされたこともありました。

この気づきの後は、

内容や収録時間を気にせずジャンルを問わず、

特に私が借りることが多いので、

あえて私にはあまり関心のない分野やジャンルの

論語や落語も借りてみるようにしました。

借りたところで娘の反応が薄いことも多々ありましたし、

国語や語彙力のアップになったかどうかは分かりませんが、

半分は私の趣味でもあり、

テレビの代わりにちょっと耳を澄ますと良いかもと考え、

何かの興味や関心のきっかけになればラッキーと気軽に思って、

利用するのがgoodかもしれません。

 

娘が成長したこともあり、

私も日中はパートで働いているので、

このオーディオブックのCDを聴こうと思いながら

なかなか聴けないまま数年が経ちましたが

大人でも聞き惚れるクオリティなので、

明日は聴こうと思いながら大事に仕舞ってあります(笑)。 

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄り下さいませ。