学習のサポートアイテム(ブックカバー&しおり/part6)。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

前回のブログの続きです。

 

学習をサポートするアイテムとして

活用している物の一つに <ブックカバー>があります。

我が家には標準的な文庫本(縦15㎝×横10㎝)のブックカバーしかないので、

それ以外のサイズの本を自宅外で読む場合は

紙製のブックカバーor購入した状態のままでした。

 

自宅の解説本&学習漫画のサイズを測ったところ

縦19㎝×横13㎝ or 縦21㎝×横15㎝ の2つのサイズが多く、

娘が読んでいる解説本が縦19㎝×横13㎝のサイズだったため、

この大きさで布のカバーを2枚と、

最近購入した解説本が縦25.7×横18.5㎝だったので、

こちらは紙のカバーを1枚作りました。

 

紙のカバーは細部にこだわらなければ簡単に作れるので(笑)、

ついでに文庫本のブックカバーや

お揃いのしおりも作りました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200927165246j:plain

紙製ブックカバー&しおり

f:id:ichigo-milk-haha:20200927165158j:plain

ブックカバーとお揃いのしおり

しおりを作ったあとで気が付いたのですが(汗)、

最近は自宅で本を読むのは寝る前が多く、

寝る前に読む理由は

暗記は寝る前が良いと見たり聞いたりしたため、

暗記向きの歴史の年号の語呂合わせ本や、

古文の単語が載っている学習漫画が多いので、

赤シートを使って文字を隠して読んでいます。

読書としてではなく暗記のために読んでいるので、

覚えたい数ページに目を通したら

ページの途中に赤シートを挟んだまま本を閉じて就寝するため、

今では自宅で読んでいる本には

赤シートがしおり代わりになっています。

学習系漫画に赤シートをしおり代わりに挟んでいるのは、

私の目には斬新に映りました(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。