青と赤ペン&青マーカーetc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

娘は中2の8月から

週3日の授業と授業の無い週2or3日を自習のため

ほぼ週5,6日ペースで塾に通っています。

(※本人の体調不良時、コロナによる休校期間や緊急事態宣言下の自粛時は除く)

 

以前のブログに書いたことがあるのですが、

数か月前に書いて覚える暗記には

青ペンを使用すると良いというのをネットや書籍で目にしたので、

(㊟詳しくはお調べ下さいませ)

近頃は覚えたい語句やワードは

青ペンで書いて覚えるようになりました。

娘には読んでor目で見て覚えた方が良い教科がいくつかあるので、

書く暗記ばかりではないのですが、

今月は学校で定期テストがあり、

勉強時間は多く確保したのもあるのですが

青ペン2本、赤ペン1本の芯を交換し、

青マーカーのインクが切れたため新しいのと取り替えました。

 

書いて覚える暗記で青ペンを使うので、

インクが切れるのは分かるのですが、

1ヵ月で2回の交換はハイペースだと思います。

赤ペンは答え合わせの○×と正答の記入ぐらいしか使わないので、

どれだけ問題を解いたかが想像できますし、

青マーカーは赤シートを重ねた時に文字を隠すために

重要語句や覚えたい単語にラインを引くために

使用することが多いので、

それだけマーカーを引いたことのバロメーターになります。

シャーペンの芯は

お徳用の1パッケージに3~5ケース入りを購入するのですが、

少なくても2,3ヵ月に1度はこのお徳用を買っています。

何気ないことですが、

娘の部屋を掃除中に交換済みの赤ペンの芯を見つけて、

今月の使用済みのペンとマーカーの本数に気づき、

胸がじんわりとなったのでした。

 

娘は特別な感情もなく(笑)

芯を交換していると思いますが、

インクが無くなるまできっちり使用 = 物を大切にしている

それなりのペースで消費 = 努力が継続できている 

ということなので、

誰も知らない娘の長所を

私だけでもリスペクトしたいと思うのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。