テストと模試の間違い直しetc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

娘は中3で受験生なので、

最近は模試や実力テストが続いています。

 

娘はテスト後に配布される個人成績表で

結果や偏差値を一度確認したら、

結果が良くても悪くても興味はなくなるようで、

後日にまた見ることはめったにないですが、

私は成績の推移の確認や苦手分野の把握のため

娘が興味を失った成績表を保管しています。

 

さてテストの結果も大事ですが、

テスト返却後の間違い直しが重要なのですが、

私が間違い直しの大切さを娘に伝えてこないまま、

娘も面倒くさいので、

きちんと間違いに向き合い、

修正することをしてきませんでした。

しかし中2の春から塾に通い始め

夏休みの中旬から自習室を積極的に使用するにつれ

少しずつ勉強に対する姿勢が積極的になり、

結果を出すための努力をするようになって、

中3になった頃からは

私が声をかけなくてもテスト返却後の数日中には

間違いを確認するようになったのですが、

ここ数か月はテスト後の当日中に

自信を持って解答できなかった問題を教科書等で調べたり、

できるだけ返却された日のうちに

間違えた問題を確かめて解き直しをし、

弱点や苦手な分野の復習に努めるようになりました。

学習に対する意識の変化が

行動に現れているのに気がつきました。

受験生でもあり、

成績の維持と向上のために自習を続けているので、

もちろん結果も大事なのですが、

それ以上にこういった内面の成長を感じられるのが

子育ての醍醐味だと実感しました。

 

意識の高いお子さん達は、

小学生のうちから当たり前にできている間違い直しを、

(前回のブログに登場したイジュウインさんは当然のようにきっちり修正して、

 二度と同じ問題で間違うことはないと思われるのですが)

中3から習慣にしようと努めている訳ですが(汗)、

遅いかもしれないけれど遅すぎるわけではないと心に言い聞かせ、

ちょっとずつの成長を認める声掛けをしたいと思うのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。