塾の送迎でのetc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

以前のブログに書いたことがありますが、 

娘は塾に授業と自習室の利用で

週5or6日ペースで通っているため、

(体調不良時やコロナによる自粛期間中を除く)

毎日のように送迎していると、

天気はもちろん気にしますが、

運転中に目にする草木などの自然に目が向くようになり、

植物から季節の移ろいを感じることも多くなりました。

 

混んでなければ車で片道20分ほどの時間を、

なるべくラジオを聴くor娘と会話をするようにしているのですが、

信号待ちで車を停めた時などに、

車内から見えた景色で気が付いたことがあれば、

娘に興味があっても無くても伝えるようにしています(笑)。

 

私が確実に名前を知っている植物は

残念ながらメジャーな種類しかないのですが(涙)、

例えば最近だと

道路脇の田んぼの稲が実ったことや

まだ緑色をしているけれど畑の栗の実が大きくなっていること、

彼岸花が満開であること、

ススキの背丈が延びて穂が薄茶色になって開く前であること、

コスモスも背丈がとても高くなり花が咲いていること等です。

何故なら 

秋に稲が実ることは知っていても何月にどれぐらい色づいて実り、

栗の実は何月頃に茶色くなり地面に実が落ちるのか等を

教養として実際に目にして知って欲しいのもありますが、

季節の移ろいを少しでも感じれる大人に

なって欲しいと思うからです。

 

先日は中秋の名月で見事な満月だったので、

娘を乗せた塾の帰りに、

いつものルートから逸れた人通りの少ない広い農道で、

ほんの少し車を停めて月を眺めたのですが、

本当に美しい光を放つ月を見て

こういう時間もたまにはあっても良いかもと

実感したのでした。

 

そのため安全運転を心掛けながら、

たまには自然の変化も感じて

日々の塾通いができたら良いなと思うのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。