子供を塾へ車で送迎中の会話etc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

娘は塾に授業と自習室の利用で

週5or6日ペースで通っているため、

(体調不良時やコロナによる自粛期間中を除く)

毎日のように私が車で送迎しています。

平日は娘は学校で私はパートがあるので、

ゆっくり話をする時間も少ないので、

送迎中の混んでいなければ片道20分ほどの車内では

なるべく会話をするようにしています。

平日の送りの車内では

娘は軽食でお握りやサンドイッチを食べることが多いので、

娘のレスポンスは短めになることが多いです(笑)。

学校から帰宅後に少し休憩or〇文式を終えてから向かうので、

疲れていたり気分がのらなかったりする日も当然あります。

 

コロナ自粛期間と体調不良時を除いて

この1年間は授業はもちろんですが自習に行かなかった日は

なかったように記憶しています。

<気分に左右されず自習に行く>を当たり前にするのを、

一つの小さな目標にしていたので、

自習室で勉強しているかどうかは別として(笑)

この目標は継続できています。

ただこの塾通いは、

荷物の量(通塾時の荷物の重さは約10キロ)と距離がネックのため

親の送りがあって継続できている一面があるので、

例えば荷物が少なくて近距離に塾があった場合、

娘が一人でほぼ毎日、

カンカン照りの真夏でも

凍えるような寒さの真冬でも

雨でも雪でも

学校から帰宅して自宅で休憩後に

怠い&疲れている&面倒くさい気分を振り切って

毎日続けて通えるのかと考えると、

試したことがないので分かりませんが

疑問符がついてしまいます(笑)。

移動時間もあり、

コロナ感染予防の観点からも

自宅で勉強できるのが最も効率が良く負担も少ないのですが、

自宅ではできないため自習室を利用させてもらっており、

約1年間の自習室通いを続けていると、

自習室ありきの学習スタイルが定着してしまっているので、

どうしても塾の自習室はマストなのです。

 

さて送迎中は穏やかな会話ばかりではありません。

どちらかが疲れていたりすれば

短い移動時間における会話でも

ささくれ立つことはしょっちゅうです。

そんな時はラジオをかけたり別の話題に変えたりするのですが、

昨夜は迎えからの自宅へ戻る車内で、

ちょっとエキサイトして

別の話題にチェンジするタイミングが遅れてしまい、

イラついた空気感が満載でした(笑)。

(㊟エキサイトした内容は書けたら書きたいのですが、

 読んでも得になりそうにありません)

 

ただ一日経って思ったのは、

短い車内ぐらい気兼ねなく

疲れや愚痴を言葉にして言いたいのかもしれないとも思い、

こちらもパート後の送迎なので

疲れていて余裕がないことも多々ありますが、

心と体力に余裕がある時は

少しくらい聞き流さずに受け止めないといけないなと

反省も含めて気が付いたのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。