読みかけの解説書と読書etc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

娘は受験生なので、

学校や塾での隙間時間に本を読む機会があればと、

参考書や解説本(解説書とも言います)を持ち歩いています。

先日、塾用のリュックが開いていて中が見えたのですが、

紙のブックカバーをした解説本が入っていました。

よく見ると解説本の途中のページには、

ブックカバーとお揃いのしおりが挟まっていました。

この紙のブックカバー&しおりは私が作ったもので、

解説本はネットで購入した本です。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201015203921j:plain

解説本とブックカバー&しおり

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201015203951j:plain

お揃いのブックカバー&しおり

 

隙間時間に読むためページがなかなか進まないだろうと想像しますが、

それでも時間があったら読もうとしている気持ちと、

そして不格好な手製のブックカバー&しおりを

気にせず使ってくれる気持ちが嬉しく感じました。

 

読書の秋ですし、感受性が強い10代なので、

ジャンルは問わないので本にも夢中になれたらと考えるのですが、

本当に今の子供たちは忙しく、

そして寛げる時間には

スマホタブレット、ゲーム等の選択肢が多くある中で、

読書を選ぶことは少ないと思います。

漫画やコミックでも良いので

少しでも読む時間があれば&気まぐれでも手に取ってくれればと思い、

願いと期待を込めて学習漫画等も購入しているのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。