伴走母から見た秋/part7。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

前回のpart6の続きです。

懲りずに(笑)私が目にしている旬の秋(夕方)をご紹介します。 

 

クロマツです。

公園に植えてあるのはアカマツであることが多いのですが、

こちらはクロマツです。

f:id:ichigo-milk-haha:20201021211746j:plain

クロマツ

文字通り木肌が黒いのでクロマツという名がとてもしっくりきます。

私の中ではクロマツアカマツより和な感じで、

日本海岸沿いの浜辺のイメージが浮かんできます。

松ぼっくりに色をつけて、

ミニクリスマスツリーをよく作りました。

ツリー作りにはアカマツ松ぼっくりの方が

クロマツより大ぶりなので向いていると思いますが、

クリスマスツリーのオーナメントには

小ぶりのクロマツの方が使い勝手が良かったりもします。

 

サクラです。

この場所の木はどれも大きく成長しています。

落葉がすすんでいて、

赤くなったり、茶色くなったりした葉が落ちていました。

風に吹かれて落ち葉がカサカサと音を立てていました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021211827j:plain

サクラ

 

モチノキです。

ジュズダマに近い大きさの実は、

まだ赤くなっておらず緑色をしていました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021212319j:plain

モチノキ

ツワブキです。

花のしぼんだようなつぼみが多数見られました。

ここに生えているツワブキは非常に葉がつやつやしていて、

葉も大きく広がっていました。

f:id:ichigo-milk-haha:20201021211947j:plain

ツワブキ

 

セイタカアワダチソウです。

この時期は田畑の周囲、あぜ道、公園、林等、

どこへ行っても黄色い頭花が目立つので、

群落をつくって生えているのを見かけます。

帰化植物のため、

どうしてもこれだけ繁茂しているのを見てしまうと、

モヤモヤと胸がざわついてしまいます。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021211912j:plain

セイタカアワダチソウ

余談ですが、

この辺りの普通の水路、用水路、小川に

娘が小さい時は網を持って水辺の生き物をよく捕まえに行ったのですが、

容易にアメリカザリガニや、

たまに小さいブルーギルを捕まえることが出来ました。

アメリカザリガニブルーギル外来種なので、

捕まえたのを元の場所に戻すのはとても複雑な心境でした。

また時期によりますが近くのため池では、

ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)が天候の良い時に、

ため池の岩場や縁で甲羅干しをしているのも見かけます。

さらに水田、用水路の水面から約10㎝上にあるコンクリの壁や石、

または水中に根を張って水面から約10cmほど出た稲の茎等に、

ジャンボタニシが産み付けた無数の卵の塊が、

いたるところに張り付いているのも見かけると、

大抵は卵の真下の水田や水路の泥の中に

卵を産み付けたジャンボタニシが潜んでいるので、

卵とジャンボタニシを取りのぞければ良いのになと思います。

帰化植物外来種が繁茂、繁殖している状況を見てしまうと、

やはり残念な気持ちになります。

(水生植物、水生昆虫、昆虫、淡水魚も好きで、

 身近な種であればだいたい知っているので、

 今後、機会があればエピソード等をブログに気ままに書きたいです)

 

名は知らないキノコです。

ちょっと休憩しようと思い、

木を組み合わせて作られているベンチに座ろうとしたところ、

数ミリの隙間から生えていました。

 

寄り添うようにして生えているので

夫婦のような雰囲気がありました。

それだけでも可愛いのですが、

キノコの傘の模様がペイズリー柄に似ていて、

パッチワークのように別の柄と絶妙なパーセンテージで

組み合わさっているのが渋く&センスが良くて

撮らずにはいられませんでした。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021212403j:plain

夫婦キノコ

さらに夫婦キノコの10cmほど左横に

面白いぐらいに等間隔を開けて生えていたキノコ三兄弟です。

隣の夫婦キノコの子供たちかもしれません。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021212459j:plain

キノコ三兄弟

キノコ達に悪いので、

ベンチに座るのを辞退させていただきました(笑)。

 

このベンチで幼い頃の娘とよく腰かけてお茶を飲んだり、

おやつやパンを食べたりして過ごしたことを、

日が暮れる寸前の空を見ながら思い出してしまいました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021212550j:plain

日没前

 

夕暮れ時にうっすらと姿を現した三日月が

画像の左に白く小さく写っています。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021212948j:plain

空に月


もう間もなく日が暮れる頃で、

自宅に帰り次第、娘を塾へ送る予定のため、

月の写真のアップを最後に撮影を終了しました(笑)。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201021213052j:plain

月(アップ)

自宅に着いたらベランダに干しっぱなしの洗濯物を

娘が室内に取り入れてくれていました(感)。

これで少しはスムーズに自習室へ向かえます(笑)。 

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。