伴走母から見た秋/part22。

 「中3受験生・伴走母の日記」ブログ

   - 本日もブログを開いて下さり有り難うございます -

 

11月に入り朝晩は冷え込む日が少しずつ増えてきました。 

秋が深まっていて冬の到来も近づいていることを感じる今日この頃です。

 

今回も懲りずに(笑)最近の周辺の秋の様子を

ご紹介させていただきます。

 

ヒマラヤスギです。

(以前のブログにヒマラヤスギの個人的なエピソードを書いています)

名前にスギとついていますがマツ科です。

この木は沢山の薄黄緑色の雄花をつけていて、

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192303j:plain

ヒマラヤスギの花

地面には蝶か甲虫の大きな幼虫の様にも見える

かなりの数の雄花が落ちていました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192342j:plain

ヒマラヤスギの花

この色の状態の時は触ると堅いのですが、

乾燥して茶色→濃い赤茶色になると脆くなり

ポロポロと崩れます。

 

そして今日のお目当ての物を探すため

背の高い木の枝を見ると…ありました!

お目当ては球果です!

直径10㎝×幅5㎝以上はありそうな球果をつけていました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192432j:plain

ヒマラヤスギの球果

 

球果は下から見ると探しにくいので、

少し離れた場所で木の枝を横から見ると…

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192511j:plain

横から見た球果①

茶色の楕円形をした球果が葉から顔を覗かせていました。

まるで枝に休止するフクロウのようにも見えます。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192552j:plain

横から見た球果②

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192627j:plain

横から見た球果③

球果は熟すと種子のついた種りんを1枚ごとにばらばらと飛ばし、

最後は先端(先っちょ)だけが残ったシダーローズを地面に落としてくれます。

10年ほど前にクラフトに凝っていた時、

シダーローズを拾い集めすぎたため(笑)、

水で洗い乾燥させ剥離防止の処置をしては、

近所の児童館や幼稚園の秋の木の実を使った工作用で

何度か使って頂いたことがあります。

マテバシイクヌギ、コナラ等のドングリ類、

 ユリノキヤマノイモヘクソカズラサルスベリ等の木の実も

 ビニール袋に種類ごとに分けて入れて

 名前を書いたラベルを貼って貰って頂きました)

種りんも大きな魚の鱗に似ていて面白い形をしているのですが、

シダーローズの華やかさには敵わないようで、

沢山用意してある木の実の中で工作の時には

シダーローズは子供たちにとても人気があり

すぐに無くなってしまうことが多かったです。

他に綿が付いた状態の綿の実&割る前のオニグルミの実も

ウケが良かったです。

 

我が家ではリースやフォトフレーム作り以外に、

剥離防止の処置を済ませたシダーローズを、

ゴールドやシルバーのカラースプレーで色をつけ

乾燥後にニスを塗り乾かしたら紐やリボンをつけて

X‘masツリーのオーナメントでも飾っています。

 

そのため12月頃から地面に落ちていることが多くなるシダーローズを見ると、

ヒマヤスギからのX‘masの贈り物ではないかと思ってしまいます。

 

ただ近隣の広場や公園の幾つかの場所のヒマラヤスギの木が、

最近は伐採で姿を消してしまっていて残念です。

 

もう少ししたら12月で、

冬になると姿を消してしまう昆虫、植物等も多くなるので、

今のうちに秋の散策を楽しんでおきたいと思ったのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。