伴走母から見た秋/part23。

 「中3受験生・伴走母の日記」ブログ

   - 本日もブログを開いて下さり有り難うございます -

 

11月に入り朝晩は冷え込む日が少しずつ増えてきました。 

秋が深まっていて冬の到来も近づいていることを感じる今日この頃です。

 

今回も懲りずに(笑)最近の周辺の秋の様子を

ご紹介させていただきます。

 

 メタセコイヤです。

公園に植えられていることが多い木です。

高木で特徴のある葉、球果をつけるので印象に残りやすいです。

この木は黄葉しておらず葉は明るい緑色でしたが、

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192704j:plain

メタセコイヤ

 たくさんの雄花をつけていました。 

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192738j:plain

メタセコイヤの花

数はそんなに多くはないものの

柄をつけた可愛らしいコロンとした赤茶色の球果を

地面に落としてくれていました。 

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201028201742j:plain

メタセコイヤの球果(※別日に撮影)

高木なので遠くからでも見つけやすいのと、

木が公園樹なため意外と身近にあることが多く、

球果は冬に木の生えている周りに行くとたくさん落ちているので、

手軽に集めることができるのと、

スギの実のようにトゲトゲもないので(笑)

木の実を使った子供向きの工作にはちょうどよい実です。

 

もう少ししたら黄葉が楽しめる時期になるので、

その頃にまた写真を撮りたいです。

 

冬になると姿を消してしまう昆虫、植物等も多くなるので、

今のうちに秋の散策を楽しんでおきたいと思ったのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。