久々の投稿 /受験を終えて(メンタルetc)part9

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

前回の続きになります。

 

私は「どうして病」に罹り徐々にこじらせていたのですが、

 (※このブログ内にある「どうして病」とは、

 努力をしているのに目標の成績が得られないのはどうしてだろう

   どうしてトップの子に勝てないのだろう…

   こんなに勉強しているのにどうして…と

 子育てによって心に「どうして」が症状が出ること)

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

こじらせている自覚症状はありましたが(笑)、

気づかないふりをしてやり過ごしていました。

 (やり過ごしていたのは、

 私の治療は心の不調の原因を直視する必要があり、

 直視には自分の弱さと器の小ささ、それまでの失敗を認めなければならず

 治療にエネルギーと心の痛みを伴うのが分かっているのと、

 とりあえず高校受験が終われば症状が一旦治まると目論んでいたからです) 

 

私の症状はちょっとしたことで、

緩和したり治まったりorこじらせたり悪化したりします(笑)。

日々容態が変化し、ひどいときは数時間で急変と回復することもあります。

 

私にとっては予定ではあと2年10カ月は完治が難しく、

これといった薬は今のところないようです。

ただ何かの拍子に症状が軽くなることがあるので、

何が効いたのかを探し出して悪化したら治療に役立てようとしています。

最近はやや症状が治まっていますが、

悪化させないために上手に付き合う方法を探っています。

 

この「どうして病」ですが、

原因は性格によるところが大きいため

罹らない人の方が多いと思われますし、

罹っても気づかないor症状が軽い人もいるかもしれません。

罹ったとしても

また子育てに目途がたちor子離れの時期になると

自然治癒することも多いように考えられるので、

症状が重くてもコントロールできる人もいれば、

症状を克服する人もいると思いますし、

我慢して耐えてる&やり過ごす人もいるかもしれないのですが、

「どうして病」がやっかいなのは、

個人差もあると思いますが、

症状が外見に表れにくい&出しにくいことにある気がします。

 

私の場合で恐縮ですが、

娘が中2の12月頃から症状をこじらせてしまい、

退塾し別なところに入塾して少し治まったのですが、

(※気になって下さった方は前回or過去のブログにお立ち寄り頂けると嬉しいです)

伸び悩み停滞する成績に直面し

中3の1月頃までかなり悪化させていました。

そんな状態で志望校をする受験日が近くなるにつれ、

悪化がピークになりそうになった時、

症状が軽くなるきっかけが数回あり、

とりあえず高校受験を終えたことで、

今のところ少し緩和しているところです。

 

その症状が軽くなったきっかけの一つを次回に書きます。

 

                             本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ。)

またお立ち寄りくださいませ。