子供が小学生の時にしていた通信教材etc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

過去ブログに度々(笑)書いていますが、

娘は幼少期~小5の秋まで習い事や塾には通っておらず&

中2の半ばまで宿題以外の学校の勉強はほとんどやっておらず(汗) 、

学校の定期テストはノー勉強で受けていました(怖)。

(※↑このノー勉がのちの高校受験で必要となる内申点と大きく関わり、

 色々と考えさせられました。大変だったけれど貴重な経験になりました。

 現在カテゴリーを整理中ですが内申点に関する記事は

 過去ブログを探していただくと、

 ディープな内容の記事はかなり削除しましたがライトなのはあります。

 再度、今後のブログに綴る予定です)

 

ただ学習・勉強に無関心ではなく幼少期から無理のない範囲で、

良いと思われることは日常生活に取り入れ&取り組んでいました。

また学習習慣はつけておきたかったので通信教育をしました。

 

勉強の習慣をつけるために利用した通信教材は、

小2~6まで”ど〇ゼ〇”と高学年~小6まで”数〇研”の二つで、

学校のドリル等の宿題にプラスして自宅学習に役立てました。

 

”ど〇ゼ〇”にした理由は(※約10年前の利用になります。ご注意下さいませ)、

・学年相応の内容だが、あえて学校の教科書に沿っていない

・国語は作文に力を入れている

・数学はパズル問題がある

・学年の最初にその年で習う漢字をまとめて学習する

・子供に馴染みのあるキャラクター

・教材がシンプル

 (※テキストはイラストが少なめでモノクロ、パッケージ等もシンプルです)

・無理のない量

 (※↑小2スタートで学校の宿題にプラスした活用だったので、

   確実に毎月の課題を提出できることを重視していました)

からでした。

 

算数と国語が1冊に収められたテキストが毎月送られてきて、

一日分はだいたい見開き1ページです。

とくに子供が小学生の低学年のときは、

少し物足りなさを感じるぐらいの量や内容で短時間でできる方が、

課題の取り組みに抵抗なくムリなく飽きずに長続きでき、

課題が未提出になるのも防げるので、

結果的に勉強習慣をつける近道になった気がしています。

風邪やインフルエンザなどの体調不良時以外は、

運動会のあとで疲れていても非日常を味わう旅行先でも

毎日取り組みました。

体調不良時にやらなかった分は別日にしましたが、

ベースの一日分がムリのない量なので調整がしやすかったです。

 

ど〇ゼ〇は約5年間の利用でしたが、

期限を過ぎての提出&未提出になった課題はなかったです。

課題や作文を提出すると貰えるポイントのシールは

景品と交換ができるのですが、

この景品のラインナップも

我が家では興味があるけれどあえて購入しなさそうな工作or実験キットや

実用的な図書カードや文房具等で、

私としては好感が持てました。

娘も目当ての景品のために(笑)課題を提出し、

きっちりシールを台紙に貼って&しっかり交換しました。

 

学習習慣をつけるファーストステップとしてど〇ゼ〇を利用したのですが、

楽しく活用できたので我が家にとってはgoodでした。

 

                              次回に続きます。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

  

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)