子の塾の自習室通いで親が思うコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

娘は中2の8月から塾の自習室が解放されている日は、

特別な事情が無い限り毎日のように通い、

勉強に取り組むようになりました。

自習室通いは現在も継続中で、

今月で丸二年が経ち、三年目に入りました。

 

勉強は時間ではなく質が大事という意見もあると思いますが、

普通で学習歴が二年しか経っていない娘に、

(※今では自習室に通い始めた最初の一年も、

  学習歴に入れてはいけないくらい甘い勉強だったと反省しています)

勉強の質を求めるのはハードルが高いので、

今のところは時間と量も

我が家では学習の一つの目安にしています。

 

さて夏休みの前半が終わりました。

私としては、

娘が小学生の時はとても長く感じた期間でしたが、

高校受験生であった去年は短く感じて、

高校生になった今年は去年以上に短く&過ぎるのが早く感じています。

学生時代の学習は日々の積み重ねも大事ですが、

最も差がつくのは受験学年に関係なく夏季休暇で、

この期間の重要性は中学よりも高校の方がはるかに高いと思っているため、

高校受験生であった去年以上に今年の夏休みを大事に捉えていました。

 

これまでの自習室通いの二年間で身をもって経験したことがベースとなって、

娘も長期休みの重要性を理解しているようで、

私がとやかく言わなくても、

モチベーションの有無に関わらず塾の自習室へ通っています。

 

けれども最近のブログに書いたように、

1、2週間前から娘のモチベーションは下がり、

煮詰まりモードに突入しました。

その理由は、

”自分は周りの子より自習室に来て勉強しているのに、

 部活にしっかり参加しているorさほど自習に来ていない同級生達の方が、

 それなりに成績を出せているから”のようです。

 

娘は4月に入塾したため

塾内に学校の顔見知りはいても友達はおらず、

唯一受けた高校のテストの前期中間の結果を教え合う相手はいないはずですが、

塾で受講している英語・数学の授業等から、

周りの子がデキるのが気になっているようです。

中高校生の勉強で最も重要な教科の英・数がデキるのは、

大きなアドバンテージであることに間違いですが、

大学受験は英・数だけではないことが多いので、

トータルの成績に目を向けても良いような気がしますし、

現在の成績が二年半後もそうだとは限らないと思うのです。

現在の成績が二年半後もそうだとは限らないと思いたいのです(涙)。

(※けれども最上位層は別格のためメンバーは固定だと考えています)

自習室で姿を見ないだけで、

自宅で効率よく学習できている子や、

併用で個別指導塾にも通っている子もいると聞いてもいるので、

自習室での勉強だけで比べるのはナンセンスな気がするのです。

 

けれども本人としては、

英・数に労力を割かなくて済む人は、

その他の科目もデキるに違いなく、

その他の科目がデキない場合は、

英・数にかからない労力を

その他のデキない科目にかけることができるので、

結局は敵わない気がするのが理屈のようです。

そのため煮詰まりモードに突入したようです。

 

理屈のようで、屁理屈のような気もしますが(笑)、

勉強をしなくてもデキる子がいても、

しなくては納得のいく結果を得られない娘は、

しなくてはならないのが揺るがない現実です(涙)。

 

煮詰まり気分は本人しか改善&解消することができないのですが、

本人次第でどうにかすることもできます。

シンドイかもしれないけれど、

自分で折り合いをつけてもらう以外に術はないので、

見守り母(自称)の私は少しは気にしつつもノータッチで過ごしています(笑)。

 

すると今日は自習室に出かける時に、

スマホと家の鍵を置いて行きました。

高校入学を機にスマホを連絡用を兼ねて止むを得ず持たせたのですが、

スマホを手にしてから今日までの自習室通いで、

集中すると決めた日はスマホを自宅に置いて行くことが数回ありました。

昨日もスマホは置いて出かけました。

けれども家の鍵も残して出かけたことは今までにありませんでした。

 

まだ煮詰まり中ですが(汗)、

残していったスマホと鍵を見て決意を感じました。

私はボキャブラリーが貧祖なため適切な言葉が思いつかず、

陳腐な表現になってしまうし、子供のコトなので言いにくいですが、

色んな”凄い”を言いたいです。

 

勉強に集中したいから置いて行くのは”凄く”て、

そうまでしないと追いつけないのは”凄く”切ないです。

それでも勉強をしようとする行動をとれるのは、

もっと”凄い”と思うのですが、

成績や結果が出ないと

この行動が”凄い”と受け止めて貰えないのは、

”凄く”残念だと感じています。

そして本人も結果を出さないと自分のやっていることは、

”凄い”と認めてもらえないコトが多いと感じているのが、

親として”凄く”切ないと思えるのでした。

娘以上に私が気持ちに折り合いをつけないといけません(涙)。

 

塾が休みのお盆は、

引き続きコロナ感染の予防に気を配りながら

夏休みの後半に備えて心と体の休息にあてて、

前半同様に充実できるよう親子共に努めたいと思うのでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 (↓過去ブログに記事を載せています。良かったらお立ち寄りくださいませ)   

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 
 
ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                                本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※このブログは視野の狭い我が家の感想を綴った日記です。ご注意下さいませ)

またお立ち寄りくださいませ。