子が高校で初の期末テストを受け終えて、親の私が勝手に思ったコトのetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

過去にブログで書いていますが、 

我が家は大学受験>高校受験の方針のため、

娘には中2の終わり頃から高校受験も大事だけれど、

受験する”高校名”ではなく

受験後の”高校で成績を低迷させない”にこだわるよう伝えました。

そのため親子間で高1の前期の中間テストを最初の山場とし、

前期の中間・期末テストを第一関門に位置づけていました。

恐らく高校受験と同じくらいの関心を向けていたと思います。

 

前期の中間テストは、

現代文、古典、数学Ⅰ、数学A、

物理基礎、生物基礎、現代社会、

コミュニケーション英語、英語表現 の

5教科9科目/各100点(900満点)で、

期末テストは、

上記に保健、家庭科を加えた

7教科11科目/各100点がありました。

 

期末テストの全科目を受け終えた今は、

採点済みテストの返却待ちをしています。

 

娘にテストを受け終えた感想を聞くと、

マトモ・・数学Ⅰ、数学A

マシ・・・現社

ヤバい・・生物、保健、家庭科

とのことでした。

 

前回の中間テスト後の感想は、

マシ・・・コミュ英、現社、古典、

マズい・・物理、

ヤバい・・生物、数学A 

でした。

 

ただ科目ごとに難易度の違いや平均点の高低があるため、

当てにならない本人感より

テストの返却時に知らされるクラス内平均点との差や、

テスト後からしばらくして渡される個票に

記載された学年平均点との差で、

本人の今の学力と今までの努力を確認しなければなりません(笑)。

 

前回の中間テスト後の感想で、

マズい気がしていた物理は、

本人の得点はそれほど良くはなかったものの、

学年平均点が低かったので

5教科の合計点の学年順位は物理に助けられました。

またヤバい気がしていた生物は、

本人の得点があまり良くなかったものの、

学年平均点が娘が予想していたほど高くなかったので、

5教科の合計点での学年順位は生物の影響を受けませんでした。

 

私の勝手な憶測ですが、

娘は理系に進む予定のため、

文理選択後の理科は化学と物理を履修することにしています。

そのため物理は勉強しましたが、

履修予定がない生物は

(そもそもテスト前に勉強をする余力が

 全く無かったのが最たる理由ですが)

それほど学習しなかったようでした。

そのため娘と同じ考えの逆パターンで、

文系で理科は化学と生物を選択予定だと

物理の勉強に力を入れない子もいたのではないかと思うのです。

そのため娘の中間テストの物理と生物は、

結果的に科目間の調整が出来て

全体の中では影響を受けにくかったような気がしています。

 

しかし言い換えると、

物理の点が思ったほど取れなかったのに順位が悪くなかったなら、

文理選択後はますます油断してはいけないと考えられるのでした。

 

あと数回は↑の感想等を書く予定です(笑)。

そのため偏りのあるこのブログの内容が重複する可能性が大です。

日記ブログのため、

気ままに書いていることを御了承くださいませ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お時間ありましたら↓にもお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)