子の高校入試~高校前半の親の私の振り返りetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

高1の娘が通う公立高校は二期制で、

既に後期が始まっています。

この半年間がとても早く感じました。

年末までもあっという間な気がしています。

そこで高校入試~高校前半までの振り返りです。

 

ブログに度々書いているのですが、

娘は中2の半ばまで

学校の宿題と、

小5の秋から通っていた〇文式の課題以外は、

勉強をしていませんでした。

中学は二期制のため、

中1はノー勉&中2前期はほぼノー勉で

定期テストを受けました。

中学三年間で12回ある定期テストの半分を、

何もしないで受けました(怖)。

そのため中2前期までの通知表の評定は、

とてもビミョーな数字が並んでいました。

 

その後、本人が勉強に前向きに取り組んだので、

中2の学年評定は中1の時に比べたらアップしました。

けれども確定しているビミョーな中1の学年評定と、

さらには体育の実技が壊滅的で、

音楽と技術家庭科の技術もイマイチのため、

志望の高校を受験するのに内申点が足りませんでした。

過去の合格者の平均内申点に全く足りませんでした。

副教科の実技がどれも壊滅的なため、

中3で最善を尽くしてもリカバリーは厳しいと考えました。

そのため浅はかで小心者な私は

志望校はもう少し合格が確実な高校にした方が良いと、

娘にそれとなく伝えたことが何度かあり、

はっきりと伝えたことも2、3回はありました。

今にして思うと、

娘の中3の春と秋以降の成績の停滞は、

意思が固い娘に対して

私の不用意な言葉も主な原因の一つだったと思います。

 

本人の意思を尊重して願書を提出した学校に縁をいただき

4月から通学していますが、

おそらく娘の入試結果は、

足りない内申点+それほどでもない当日点から、

合格者の中で成績が下位だったと思います。

 

娘が数が少ないながらも

同じ中学の子や、

別の中学だが同じ塾だった子、

高校のクラスメイトに、

受験後に結果について聞かれたので、

お互いの点数の教え合いしたところ、

(※娘を含め入試結果の開示請求済です)

娘の点+5点以内の子が多く、

娘の点-5点の子が不合格だったそうです。

合格ライン帯がボリュームゾーンであると考えていましたが、

合格ラインの上に多くの合格者がいるのを身をもって知りました。

 

娘が受験した学校は、

例年より倍率が少し高く、

発表された県内の平均点も通年に比べて高かったので

(※全国一斉のコロナ休校の影響で試験範囲はやや縮小された)

個人的には

ボーダーとされる点数よりプラス5点あたりが、

令和2年度の合格者最低点だったのではないかと

予測しました。

 

受験生の保護者を体験して、

本当に1点の差で合否が分かれると感じました。

その1点はきっと運であることが多く、

運以外の要素をあえて挙げるなら、

気持ちの差かもしれないと思いました。

 

高校受験は通過点というのが我が家の方針で、

合否がどのように今後の子の人生に影響を与えるかは、

かなり後にならないと分からないのですが、

それでも我が家にとって志望校に縁をいただけたのは、

今の時点では意味があったと思います。

 

次回に続きます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)