高1の子の後期中間テストで親の私が思うコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

さて娘の通う高校は、もうすぐ後期中間テストがあります。

(※私は記事を書く&更新するのが遅いため、

  実際の日とズレがある場合もあります。ご了承くださいませ)

 

前期中間から前期期末までは、

夏休みを間にはさんでいたので、

それなりに日にちがあったと記憶していますが、

前期期末から後期中間までは、

あまり日数が無い気がします。

もちろん期末は中間より教科数が多いので、

期間的余裕は、期末~中間<中間~期末の方が

とても助かります(笑)。

 

さて我が家の子育ての方針は高校受験<大学受験のため、

娘が中3になる前から、

高校受験は大事だけれど、

高校は入ってからの方がもっと大事だと言いました。

高校は各中学から同じくらいの学力の子達

(この集団の中でも差はありますが)が入学するのと、

学習内容が中学とは比べ物にならない進度と深度なので、

ご縁をいただけた高校に進学したら

成績を低迷させないように伝えていました。

 

そのため高校へ進学後は、

最初の山場が高1前期中間で、

一つ目の節目は後期中間だと考えました。

我が家が後期中間までを節目の一つ目としたのは、

娘は天才肌ではなくコツコツ派のため、

超コツコツしなければならない派のため、

この時期までの学習内容を理解できたなら、

今後もついていける下地ができたと考えられるからです。

 

以前のブログに書いていますが、

娘は中2で塾に入るまで

ノー勉で学校の定期テストや模試を受けており(怖)、

勉強にエンジンがかかり始めたのが中2の後半でしたので、

内申点がボロボロでした(涙)。

志望する高校を受験するには、

足りない内申点

中3でどうにかマシにしなければならなくなったので、

壊滅的な副教科に注力せざるを得ない状況に陥り、

主教科が手薄になることもありました。

また入試後の自己採点は

得意(自称)の数学で5点も失点をしており、

当日点もそれほどではありませんでした。

おそらく高校は下位での入学だったと思います。

 

そのため高1の下記テストの5教科の校内の学年順位を

始めの前期中間は1/2以内とし、

コツコツ派の強みを活かして、

また高3頃に1/3以内であれば、

娘が納得できる大学を志望できる可能性があるらしいので、

夏休み明けの前期期末と以降の定期テスト

〇研模試、実力テの目標を1/3以内としました。

 

既に結果が分かっている

前期中間は大幅に、

そして本人としては不振に終わった前期期末と〇研模試も概ね、

本人の努力があって目標をクリアできました。

下位の入学でも、

コツコツを地道に継続できれば、

平凡な娘は人一倍以上の努力をすれば、

ギリギリで入った学校でも

勉強についていけなくはないと

信じられるようになりました。

 

けれども娘が目標をクリアし

目指す大学の受験を終えるまでは、

人一倍の学習を継続しなければならない事実を

知るきっかけにもなりました。

 

さて高1の後期中間までそれほど日はありませんが、

“地味にコツコツ”を信じて

今日も頑張って欲しいと思うのでした(笑)。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ↓過去のブログですが、良かったらお立ち寄りくださいませ

  

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

      

                           本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※このブログは視野の狭い我が家の感想を綴った日記です。ご注意下さいませ)

またお立ち寄りくださいませ。