子の志望校決めの過程で思ったコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もこのブログを開いて下さってありがとうございます。

 

突然ですが私の年齢は40歳前半です。

記憶しているだけでも13回、そのうち6回は結婚後に、

引っ越しをしています。

決して少なくはない引っ越し回数だと思います。

もともと人づきあいが苦手なうえに、

引っ越しを繰り返しているので、

ママ友がいません。

いま住んでいる場所は、

主人の地元ですが、

私の生まれ育った所ではないので、

ママ友はもちろんですが、

ママ友ではない友達もいません。

 

さて主人は娘の応援者で理解者で支援者ですが、

仕事が忙しく不在がちということもあり、

良い意味で娘と私の自由にさせてくれています。

たとえば塾選びや高校受験の志望校なども娘or私で決めました。

そのため娘は中2~高1までに5回の入塾経験がありますが、

主人が知らない間に通塾先が増えたり変わったりしました。

高校受験の志望校と併願校も、

入試日が近くなってから知ったのではないかと思います。

私もうっかりしていて、

聞かれるまで言ってなかったように記憶しています。

 

来月、高1娘の保護者懇談会がありますが、

これから今以上に家計に負担がかかり、

娘の進路と就職に関わる大切なことが、

少しずつ決まっていくことに不安を覚えました(笑)。

しかし不安を話せる相手はいません。

しかも子の進路と家計のことなので、

家庭で決めるしかありません。

今まで主人に相談をしたことがなかったのですが、

また自由にさせてくれているとはいえ、

家庭内で考えが食い違っていてはいけないので確認も兼ねて

昨夜、話を持ちかけました。

 

娘は就きたい職業がある訳ではありません。

しかし高校に入学後から文理選択の話が学校からあり、

夏休み前の最初の保護者懇談会で希望する大学の話があったので、

なんとなく締め切りに迫られて

限られた期間内で知り得た情報のなかから

娘が考えて選び出した大学のような気がしていました。

進学したら学ぶ分野なので、

まったく興味がないということではないと思いますが、

少し意外な学問だったのと、

また大雑把な性格にしては

少し無難な気もしたので、

私にはひっかかるものがあったのだと思います。

 

昨夜の主人の意見は、

やりたい事がなくても

時期的にある程度決めないといけないなら、

そういう決め方でOKという軽快なものでした。

主人にとって大事なのは、

どういう決め方をしたかよりも、

誰が決めたかの方が重要でした。

最初の懇談会前には娘が決めていたという経緯を、

きのう初めて主人に伝えたら、

そういう決まり方ならOKという明瞭さでした。

 

娘にはやり切った感を得られる受験をして欲しいのですが、

家計の事情は外すことができません。

時おり私の願望や見栄も加わりそうになります。

しかし主人の考えを聞いて

大前提と優先順位を再認識しました。

ブレた軸がもとに戻されたからなのか、

諸事情も踏まえて娘が候補に挙げた

大学のように思えました。

娘が選んだなら、どの大学も魅力的です。

 

来月の懇談会も、

今のところ本人が7月に挙げた大学と学部に

変更なしで進める予定です。

(第一志望校は具体的になりましたが、

 それ以外はまだなので、

 夏までに候補が絞れると良いなと考えています) 

 

一人娘のため私にとっては最初で最後の子育てです。

私は世間知らずなうえに空気が読めないので、

良かれと思ってやることが

いつも裏目に出ることが多く後悔の連続です。

日中はほぼフルタイムのパートをしているので、

失敗したことを忘れてしまい、

忙しいを理由に考えることを先延ばしにしてしまいます。

反省を次に活かせないので失敗が重なります。

友達がいないので誰にも気持ちを聞いて貰えません。

そのためブログに

行き場のない感情やまとまらない考えを書いて、

心と頭を整理させているうちに、

ブログは日常生活の大切なツールの一つになりました。

ブレそうになる軸を修正してくれる役目も果たしてくれています。

 

余談になりますが、

このブログは地元の公立中から公立高校を経て

大学受験をするのを見守る母の日記ですが、

ちょうど去年の今頃に、

別なテーマでも書いてみたくなり、

自然散策をした際の写真を文章とともに更新していました。

自然も散策も嫌いではありませんが、

私には向いておらず記事は数ヶ月で途絶えました。

黒歴史なので何度もカテゴリーごと削除しようとしましたが、

自分への戒めに残してあります。

 

そして今日もとりとめもない想いとまとまらない考えを

いつもの様に書き終えたのでした(笑)。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓去年の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)