子の文理コースと科目の選択についてのetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

今日は予報どおり

この地方は天気が大荒れで、とても寒い一日となりました。

 

さて高1娘の通っている高校では入学後から

機会があるたびに志望大学や文理選択についての話が、

担任や学年主任、進路指導の先生方から

生徒にはHRや学年集会などで、

保護者にはメール配信やプリント、懇談会などでありました。

7月にあった高校初の三者懇談会で

志望大学名だけでなく学部や学科まで聞かれた時は、

入学して間もなく、

前期中間テストの結果が戻ってきたところだったので、

やや性急な気がしました。

けれども文理選択が

秋に仮決定で年内に本登録の運びであるのを身をもって知ると(汗)、

学校の働きかけは少しも性急ではありませんでした。

今にしてみると、

7月の懇談会は夏休み前にあったのですが、

懇談の内容を受け止めて時間に余裕がある夏期休暇中に、

情報収集をして家庭で話し合うのがベストだったと思います。

 

また入学時に学校から配布された年間スケジュール表を見ると、

文理選択の仮登録、本登録の予定もしっかり記されていました。

日々の生活がバタバタしているのを言い訳にして、

定期テストや模試等に目先の意識が向いてしまい、

何となく気にしつつも

娘と話し合うことを先延ばしにしていたら、

登録用紙の提出期限に迫られて、

娘と確認し合う場をもたず

本人の言うままに記入した感が残りました(笑)。

 

さて娘が通う高校の文理のコース・科目は、

<文系コース>

理科→ 化学・生物が必修

社会→世界史が必修

  →日本史 or 地理を選択

<理系コース>

理科→化学が必修

  →物理 or 生物を選択

社会→世界史 or 日本史 or 地理を選択

 

なので科目の組み合わせは、

<文系コース>

生物+日本史 、生物+地理 で、

<理系コース>

物理+世界史 、物理+日本史 、物理+地理

生物+世界史 、生物+日本史 、生物+地理 となります。

 

娘は勉強をするのは好きではありませんが、

中学生のときは勉強をするとしたら数学で、

数学の次に日本史を選んで学習しました。

高1の今も数学の学習は他教科に比べて苦ではなく、

娘の性格や適性を考えると理系向きで、

今のところ本人が関心のある分野が理系の学部なので、

コースは理系で、科目は物理+日本史を登録しました。

(科目の組み合わせのバリエーションが多い理系ですが、

 物理+日本史の登録者がもっとも多いのではないかと予想します)

 

登録用紙は紙一枚の重さですが、

登録後の変更は不可で、

今回の選択が今後の成績や進学、進路に

少なからず影響を及ぼすかもしれないと考えると、

私はなんとも言えない重みを感じました。

 

そんな大事な記入後の提出前の用紙を、

無造作に通学カバンに入れている娘を見たときは、

娘には紙一枚の重さしかないのを感じました。

気負いがなくて良いのかもしれませんが、

用紙のフランクな扱い方に

少し微妙な想いも抱いてしまったのでした(涙)。

 

またもうすぐ二回目の懇談会があるため、

後期中間テストの結果を確認していたら、

(前期評定は物理がすべての教科中で最も高かったのですが)

物理より生物の方がマトモだったのに気がつきました。

しかし科目登録を終えたので、

この個票は見なかったことにしようと

心に言い聞かせたのでした(笑)。

              

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)