子の入塾と退塾と転塾で知った塾についてのetc/part5。

「元:中3受験生・伴走母」からの

       「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

前回の記事の続きで、

今日はオ塾について書きます。

 

高校入試後~高校入学までの約一ヶ月を

期間限定で個別指導のエ塾へ通ったのち、

オ塾へ入塾しました。

 

さて我が家の塾選びでは

①自習室の環境と開放日&時間

②授業が集団かつ対面(映像やオンラインではないこと)  

の外せない条件に、

希望として

③通塾と保護者の送迎が可能なエリア

④最低限の受験情報がある

がありました。

 

地方在住のため県内で最も大きい駅の周辺でさえ

高校生を対象とした塾や予備校は選び放題ではありません。

そのため②があることで、

メジャーどころの塾や予備校は当てはまらないため

選択肢がとたんに減りました。

これ以上選択肢が減るなら

④はスルーしようと思いました。

 

私にはママ友がおらず、私の出身地でもないので、

市外の高校に通うことになった娘の塾探しは

ホームページで検索するか

実際に駅周辺へ足を運んで探すくらいしか

低能な私には方法が思いつきませんでした。

条件を満たすのがオ塾しか探せなかったので、

オ塾に入塾したのでした。

 

娘は中2後半から勉強をして高校入試に間に合ったので、

それなりに自学が出来ていると思っていました。

けれどもオ塾の集団の対面の英・数/週1の講義を約10ヶ月受講したところ

毎日のように自習に通っているにも関わらず

おおよその学年順位の推移は、

定期テスト: 上位1/6 → 1/3 → 1/2

実力テスト: 上位1/3 → 1/2over

〇研模試    : 1/3 → 1/2 

と下降をたどりました。

 

サバサバして大雑把な性格の娘ですが

私より先に成績不振に耐えられなくなりました。

高校受験の直前期よりもハードに日々の学習に取り組んだのに、

このような成果では悔しいのは当然です。

普段は勉強や進学のことを話すことはないのですが、

この時ばかりは話し合いをしました。

愉快な内容ではありませんでしたが、

娘の悔しがる姿や滅多に流さない涙を見ることができたのは

子育ての醍醐味でもありました。

話し合いの末、

本人の強い希望によりオ塾を辞めて

別の塾へ転塾することにしました。

 

ただオ塾に転塾を申し出た後に

判明した3回目の〇研模試の学年順位が上位2/9だったので、

オ塾に通ったことも無駄ではなかったと思います。

 

けれどもオ塾に通う大勢の子達は、

どのテストや模試でもしっかりと結果を残しています。

部活にガッツリ参加orほとんど自習に来ていないのに、

とても優秀な子達が多くいます。

県内では最もハイとされる高校の入試をギリギリとはいえクリアしているのに

娘は消化不良で成績不振に終わったので

主に私の遺伝子と娘への関わり方だと思われますが(娘よ…許せ)、

本人の能力・努力・計画力不足以外で

マズかった理由があれば知りたいと思うのです。

 

そして今は、カ塾に通っているのでした。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。    

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。