久々の投稿 /受験を終えて(志望校の選択)part19

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

今日は我が家の高校の志望校選択について書きます。

 

私と主人は公立中高校出身で

この地域は”高校は公立”な土地柄のため、

私には地元の中学に通う娘も志望の公立or併願の私立から

(本人が望めば)大学ヘ進学するイメージがありました。

 

しかし中学受験をした娘の同級生の数人を知っていて、

その中のお友達が通っている〇文式に誘ってくれて

娘は小5の秋から一緒に通いました。

そのため公立中高以外の進学の選択肢も知ってはいました。

(↑お友達は中学受験を終えて退会しました。誘ってくれたお友達に大変感謝しています) 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

中学受験をした数人は偶然かもしれませんが全員が一人っ子でした。

学年はクラスが複数ありましたが、

一人っ子で中学受験をしなかったのは恐らく娘だけだと思います。

この地域は地方県のなかの地方のため、

交通網や情報が限られており通える私立中学が限られる&

両親の地元であることが多く親も公立中高の出身が多数&

進学率の良い公立高校が多数&

公立中高一貫校が地元にない&

そして費用面などがネックで、

中学受験が選択肢に入りづらいのではないかと個人的に思っています。

(※それでも以前に比べたら私立中へ進学する子は増えているようです)

そのためこの地域では公立高校から進学や就職するのが一般的です。

我が家の方針は高校受験<大学受験のため、

大学受験を目指せる公立高校であればネームに拘っていませんでした。

ネームより入学後に低迷しないことと、

縁を頂いた学校でどれだけ学習を充実させるかを重要視する私としては、

本人が”努力をしたら行ける高校”へと考えましたが、

本人は”努力をしてでも行きたい高校”に行くと決めていたので、

娘と私&私と塾で相談することもなく

”行ける高校”ではなく”行きたい高校”に願書を提出させて頂きました。

 

”行きたい高校”に4月から行き二カ月を経たので、

我が家の高校受験<大学受験の方針での志望校選択を振り返ると、

本人が行きたい高校へ向けて努力を継続したので、

併願校へ行った場合も努力を信じられるため、

(※私立高の学費の補助が充実してきましたし、

  一人っ子なので私が二倍働けば費用面はできると思いました)

志望校は本人の意見を尊重できました。

そのため受験後も学習が継続できており、

まだ志望でなく希望ですが

目標とする大学のイメージも具体的になりつつあるので

入学後の燃え尽き症候群は今のところ見られません。

文理選択の一回目のアンケートも本人が決めて記入し提出済みです(笑)。

本人が覚悟を持って志望高校の選択をしたことで、

自分の進路に責任を持てるようになったのを感じ、

内面の成長に気づかされました。

 

↑が我が家の志望校の選択の感想になります。

大学受験に向けて始動を開始したばかりなので、

この選択が今後どう影響するかは分かりませんが、     

山あり谷あり底ありを見守りながら

この日記ブログに綴りたいと考えているのでした。

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ。)