子の勉強と塾と受験を通して気づかされたコトetc/part2。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

前回の補足と続きです。

 

ちょっとしたキッカケがあって

娘は中2の夏休み後半から勉強を始めました。

それまでは恐ろしいことに、

学校の定期テストをほぼノー勉で受けていました。

そのため勉強に取り組んでから

約1カ月後にあった前期期末テストは

前期中間テストに比べて40点ほどアップしました。

アップした前期期末テストの点数が、

その後の娘の定期テストの基準になったのですが、

勉強を継続してもほぼキープのままでした。

また実力テストとは相性が良いのか、

(優秀な方の足元にも及びませんが)

ノー勉だった中1から娘にしては点数がとれていたので、

勉強を始めても微増のみでした。

 

娘は中2の前期期末テスト以降の定期テストは、

自分がこれぐらい勉強すればこれぐらいの点数がとれるというのが

分かってきたようでした。

けれども想定している点数を超えることができないでいました。

点数が下がらないのは努力をしているなによりの証拠ですが、

努力しても点数が変わらないのは、

とてもシンドイものだと娘を通して知りました。

今にして思うとちょっとしたスランプだったと思います。

 

ちょっとしたきっかけで勉強を始めたのですが、

ちょっとしたスランプがきっかけになって、

中3の夏期講習前に意を決して転塾しました。

しかし転塾先で努力した夏の成果が

秋になっても秋以降になっても冬の足音が近づいても

ちっとも現れませんでした。

秋以降にきっと成績が上がると信じてそれまで学習に励んだのに、

ステイのままで何も変わらないので失望感を味わいました。

受験までの残りの日数が少なくなるのに、

思うような成績が得られておらず、

志望するには全く足りない内申点にも関わらず受験校を選んでいたので、

私のメンタルはやられていました。

娘もストレスと焦りからイライラしていました。

ちょうど去年の今頃の時期のことでした。

 

そのため新聞の折り込み広告の中にあった

塾のチラシで生徒さんの点数や成績がアップした記事や、

車を運転中に見かけた塾のガラス窓に貼られている

素晴らしい模試やテストの結果が載ったポスター等が

とても羨ましく目に映るときもありました。

 

不思議なもので、

娘の成績が思うように上がらない時ほど、

目と耳にしたくない情報が入ってきたように思い出します。

普段よく車で通る道路の交差点の横にも塾があるのですが、

そういう時に限って、

交差点の信号がいつも赤になります。

通りに面した大きなガラス窓一面に貼られたポスターが

よく見える位置に運転中の車が停まります。

視界にポスターの赤や黄の色が入り、

目が吸い寄せられます。

見ない方が良いと分かっているのに、

怖いもの見たさで見てしまいます。

道を利用する人の目を意識したポスターやポップなので、

やはりインパクトのある内容が多いです。

 

娘なりに努力をしていて成長しているのを頭では分かっていますが、

この時は器の狭い私は心が追いつかなくて、

ポスターに取り上げられている

名前も顔も分からない成績がアップした子を

とても羨ましく思ってしまいました。

羨ましさのあとには悔しさも感じました。

 

娘の成績が悩ましい時にそういった広告を見ると、

どうしても心がモヤモヤしてしまうので、

なるべく視界に入らないように、

正面の信号だけを凝視すると心に決めて

安全運転に努めました。

けれども通るたびになぜか赤信号になるので、

交通ルールを守るために車の走行を停止しなければなりません。

全意識を信号だけに集中させます。

しかし信号に集中していると、

「当塾の中3全員、実力テストの点アップ!」

「当塾の中3生が学年1位を獲得!!」と、

後部座席で寝ていたはずの娘が、

ポスターの文字を声に出して読んでくれました(涙)。

広告の内容だけでも平常心が乱されるのに

突然の娘の声にも驚かされて、

動揺が増幅されました。

いまブログを書きながら気がつきましたが、

そういう時は心の安全のためにも、

遠回りになっても

別な道を利用すれば良かったのかもしれません(笑)。

 

さて去年の晩秋~冬の半ばまでは、

輝かしい成績や結果が載った広告や宣伝が、

目にも耳にも心にも痛く感じられました。

しかし受験まで残り1カ月になると、

勉強をしていれば直前まで学力は伸びると思っていますが、

急激な伸びの可能性は少ないという現実的な判断もあり、

持っている力で受験するしかない状況を受け入れざるを得なくなって、

受験直前の時は秋よりも不安感が減りました。

この心境の変化は想定していなかったのですが、

不安感が減ってほどよい緊張感が残ったので、

我が家にとってはプラスになりました。

そして高校受験を3月に終えました。

 

振り返ると

娘が勉強をスタートさせた当初は、

積み上げたものが効いてくるには

少なくても半年かかると思っていました。

半年以降のどこかのタイミングで

ブレイクスルーがくるのを期待しました。

けれども勉強をして1カ月後に点数が上がったのちは、

キープとステイで現在に至ります。

そのため娘の学力は、

階段を昇るように成績も昇るタイプではない気がしています。

伸び方や伸び率には個人差があるのだと思いますが、

娘を1人しか育てたことのない私は、

その事実を理解するにも時間がかかってしまいました。

 

娘はコツコツ派であることが分かってきたので、

以前よりは折り込み広告で塾の宣伝を目にしても、

心の動揺は少なくなった気がします(笑)。

 

そしてコツコツの力を信じて、

大学受験までの2年間をやり抜いて欲しいなと思うのでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)

子の勉強と塾と受験を通して気づかされたコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

さて娘は中2の夏休み後半から勉強を始めました。

勉強をスタートさせた時に、

成果が出るまでに半年はかかると思っていました。

 

しかし中2の夏までノー勉強で定期テスト(=定テ)を受けていたので、

夏休み明けの前期期末テストは、

前回の前期中間テストから

5教科合計で40点ほどアップしました。

数学は好きな教科のため

それまでにも点がとれていたので、

残りの4教科のほぼ10点ずつアップが実状です。

期末テストは副教科もあり教科数が多いので、

勉強時間が確保できる夏休みをはさんでいたとはいえ、

すぐに成果が出たのは本人にとって自信になり、

私も素直に嬉しかったです。

 

一般的に中2の中盤以降は、

中1に比べて学習内容が難化するため、

点数が上がりにくくなり平均点が下がる傾向になるそうですが、

娘は継続的な勉強ができたので、

その後の定テの点数はキープか微アップでした。

 

また実力テスト(=実テ)は

たまたま相性が良かったのか、

中1からそれなりの点がとれていました。

中2で入塾し夏休み後半からは

塾の自習室の利用をスタートさせましたが、

努力しても点数が変わらないので、

どうやったら点がとれるようになるのかと悩んだときもあり、

転塾のきっかけの一つにもなったのですが、

転塾しても点数はあまり変わりませんでした。

 

勉強を始めた中2後半から中3の終わりまで、

(この地域の定テと実テは、

 順位は出されず偏差値しか分かりません。

 偏差値から大よその順位を予測したり、

 娘の友達は先生に自分の順位を聞きに行ったりしていました)

娘の定テの点数はそれほど変わりませんでしたが、

回を追うごとに学年平均点が下がったため、

また実テの点数はキープor微増だったので、

学年平均点も回を重ねて少し上がりましたが、

娘の得点帯で成績のキープが難しい子が出てきたためか、

相対的な位置は少しだけ上がりました。

 

娘が勉強をスタートさせた当初は、

勉強を継続すれば、

点数は角度こそ違えど

右肩上がりに上がっていくイメージがありました。

しかし娘は

中2の夏休み明けに階段を一段を上ったあとは、

ずっと平行移動のようでした。

以前の私は、

勉強をすれば低迷期を経験しながらも学習した分だけ伸びると

単純に思っていたので、

こういう成績の上がり方もあるのだと知りました。

娘には

成績が伸びるではなく、

成績が上がるという表現がしっくりくる気がしました。

 

また娘は友達が少ないので

自分から成績や点数を聞くことはないのですが、

聞かれることはありました。

相手が聞いてきた場合、

先に教えてくれたら自分のを教えるパターンで

情報交換をして知ったのは、

この相対的な位置での順位は、

中3以降は卒業まで

ほとんど変わらなかったらしいということです。

 

信ぴょう性に欠けますが知り得た話では、

娘が通ったのは地元のやや規模の大きい公立中学校でしたが、

中3以降の定テと実テの校内における、

1~3位、4~6位、7~15位以内の顔触れは、

年間を通してほぼ変動がありませんでした。

3~5位あたりは僅差で競っていました。

 

余談ですが、

学年順位が1~15位以内の子の塾利用の有無は、

1人:無し

7人:小学生(4、5年時からが最多)から有り

2人:遅くとも中学生からは有り

1人:中2から有り

1人:中3から有り

数人:不明

でした(娘を含めます)。

塾の形態は、

1人の個別指導を除いては集団進学塾でした。

 

集団進学塾に通っていた10人は、

このあたりは地方のなかでも端にある地域のため、

そもそも塾の選択肢がとても少ないのですが、

個人塾A:1人

個人塾B:1人

個人塾C:2人

個人塾D:4人

メジャー塾E:1人

メジャー塾F:1人

に通っていました。

(メジャー塾は県内でシェアを誇る塾を

 この記事内では指します)

 

うち転塾経験者は、

少なくとも3人います。

1人が通っていた個別指導塾を塾Gとすると、

転塾した2人は、

塾G→塾C

塾E→塾C

で通塾先を変えました。


このうち半数を占める女子のなかで、

ピアノが弾けないのは娘だけです。

ピアノはやはり人気の習い事のようです。

また中3から塾を利用した子は、

幼少期から通信教材や英会話、スイミング、ピアノを

習っておられ、書道も心得があるようでした。

 

私は自分が学生のころ

真面目に勉強をしたこともなければ、

勉強以外で何かに一生懸命打ち込んだこともないので、

娘の学習を通してしか

勉強の本質や塾、受験を知ることがありません。

 

そのため勉強や受験に関わる親というのは、

私にとっては、

当事者でも第三者でもない

”2.5者”のような

絶妙な立場なのにも気づかされたのでした(笑)。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)

子の懇談会で親の私が思うコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

高1娘の高校では、

来月に保護者懇談会(三者懇)が予定されています。

7月にもあったので2回目の懇談会です。

 

前回は高校に入って最初の懇談会のため

おそらく話の内容は、

学校生活や家庭の様子などがメインで、

前期中間テストの結果がサブだろうと

勝手に思っていました。

しかし着席して近況の様子などのあとは、

自然な流れで大学の話になりました。

入学して3カ月しか経っていないのに、

もう興味がある学部や志望大学を聞かれるとは思わなかったので、

聞かれたのも答えるのも娘ですが、

家庭で事前にすり合わせをしていなかったので、

正直焦りました。

高2からは文理が分かれるため、

高1で文理選択をするのですが、

進学する大学や将来の職業に

影響を与える可能性があるとても大切なことなので、

しっかり情報を集め&充分に考えてから

選択の判断してほしいという学校の配慮で

早めに伝えてくれていたのですが、

7月の私は分かっていませんでした。

懇談を終えてから分かりました。

 

想定外の先生の問いかけに

焦りを覚え狼狽えている私の隣に

何食わぬ顔で座っていた娘は

スムーズに志望大学と学部を返答したのにも焦りました。

 

私が内心で焦った理由は

社交的ではなくコツコツと取り組むのが向いていて、

数学と物理が好きなので、

文理選択は理系で、

興味のある学部も想像はついていましたが、

懇談会の場で初めて具体的な大学名を知ったからです。

そしてサバサバして大雑把な性格の割に

ネームバリューや偏差値ではない選び方をしているように思え、

堅実な大学に関心を向けているのが意外な気がしたからです。

さらに関心が芽生えた大学があるなら教えてくれても良いのに、

懇談会の場まで娘がシークレットにしていたからです。

私に相談してもメリットがないので、

懇談を事後報告と既成事実の場にしたのかもしれないからです(涙)。

 

娘の意外な一面を見た気がして、

いつも以上にボーっとしている私は蚊帳の外になり、

先生と娘の二人で話がすすみました。

夏休みを利用して

志望大学はもちろんのこと、

興味がある学部や大学があれば、

積極的に調べるようにとアドバイスをいただいて、

7月の懇談は終わりました。

 

懇談を終えてから

娘がその大学を志望する理由を考えました。

我が家の経済的な事情と、

娘の体力とモチベーションの持続を考慮すると

二年先のことですが今のところ浪人は難しいと思っています。

そのため、

希望するエリアにある興味のある学部に、

・努力型の自分が今後も学習を継続できたら、

 緊張しても自信を持って受験できるかもしれない

・専門性が高められるため就職に有利になるかもしれない

の条件で本人なりにたどり着いた大学のように思えました。

 

まだ考えが甘いところも散見されますが、

本人が自分で考えて選ばなければ意味がありません。

ムリがない範囲で応援できるところまでは見守るしかありません。

我が家にとっては経済的な応援もキツイですが、

それ以上に黙って見守る声を出さない応援もキツイです。

 

そして2回目の懇談会は来月ですが、

前回のアドバイスを夏休みに活かすことができなかったので(汗)、

志望大学と今のところ気になっている大学の

パンフレットを請求しました。

取り寄せた4大学とも数日で届きました。

4大学のうち3大学は

有料で手数料もかかりました。

支払いだけ主人に頼みました(笑)。

パンフレットを請求したことで、

大学受験へ向けてリアルに時間が進んでいるのを感じました。

時間は無常に過ぎるのですが、

気持ちはなかなか追いつかないです(汗)。

 

新型コロナウィルスの感染拡大の状況にもよりますが、

来年の夏頃に現地に泊りで足を運ぶ予定にしています。

そのため情報集めと

さらなる節約をしなければなりません(笑)。

現地に足を運ぶための計画と当日の段取りは

見守らずに関わることになりそうです。

出費は見守りになりたいものです。

 

7月の高校初の保護者懇談会は、

私だけアウェイな感じで終えたので、

今のうちにパンフレットにしっかり目を通して

来月は少しは話に混ざりたいと思うのでした(笑)。

しかし、もうすぐ後期中間テストのため、

結果次第では話に混ざらなくて良いとも思ったのでした(笑)。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 (↓過去ブログに多数記事を載せています。良かったらお立ち寄りくださいませ)   

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                               本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※このブログは視野の狭い我が家の日常を書いた日記ブログです。ご注意下さいませ)

またお立ち寄りくださいませ。

高1の子の後期中間テストで親の私が思うコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

さて娘の通う高校は、もうすぐ後期中間テストがあります。

(※私は記事を書く&更新するのが遅いため、

  実際の日とズレがある場合もあります。ご了承くださいませ)

 

前期中間から前期期末までは、

夏休みを間にはさんでいたので、

それなりに日にちがあったと記憶していますが、

前期期末から後期中間までは、

あまり日数が無い気がします。

もちろん期末は中間より教科数が多いので、

期間的余裕は、期末~中間<中間~期末の方が

とても助かります(笑)。

 

さて我が家の子育ての方針は高校受験<大学受験のため、

娘が中3になる前から、

高校受験は大事だけれど、

高校は入ってからの方がもっと大事だと言いました。

高校は各中学から同じくらいの学力の子達

(この集団の中でも差はありますが)が入学するのと、

学習内容が中学とは比べ物にならない進度と深度なので、

ご縁をいただけた高校に進学したら

成績を低迷させないように伝えていました。

 

そのため高校へ進学後は、

最初の山場が高1前期中間で、

一つ目の節目は後期中間だと考えました。

我が家が後期中間までを節目の一つ目としたのは、

娘は天才肌ではなくコツコツ派のため、

超コツコツしなければならない派のため、

この時期までの学習内容を理解できたなら、

今後もついていける下地ができたと考えられるからです。

 

以前のブログに書いていますが、

娘は中2で塾に入るまで

ノー勉で学校の定期テストや模試を受けており(怖)、

勉強にエンジンがかかり始めたのが中2の後半でしたので、

内申点がボロボロでした(涙)。

志望する高校を受験するには、

足りない内申点

中3でどうにかマシにしなければならなくなったので、

壊滅的な副教科に注力せざるを得ない状況に陥り、

主教科が手薄になることもありました。

また入試後の自己採点は

得意(自称)の数学で5点も失点をしており、

当日点もそれほどではありませんでした。

おそらく高校は下位での入学だったと思います。

 

そのため高1の下記テストの5教科の校内の学年順位を

始めの前期中間は1/2以内とし、

コツコツ派の強みを活かして、

また高3頃に1/3以内であれば、

娘が納得できる大学を志望できる可能性があるらしいので、

夏休み明けの前期期末と以降の定期テスト

〇研模試、実力テの目標を1/3以内としました。

 

既に結果が分かっている

前期中間は大幅に、

そして本人としては不振に終わった前期期末と〇研模試も概ね、

本人の努力があって目標をクリアできました。

下位の入学でも、

コツコツを地道に継続できれば、

平凡な娘は人一倍以上の努力をすれば、

ギリギリで入った学校でも

勉強についていけなくはないと

信じられるようになりました。

 

けれども娘が目標をクリアし

目指す大学の受験を終えるまでは、

人一倍の学習を継続しなければならない事実を

知るきっかけにもなりました。

 

さて高1の後期中間までそれほど日はありませんが、

“地味にコツコツ”を信じて

今日も頑張って欲しいと思うのでした(笑)。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ↓過去のブログですが、良かったらお立ち寄りくださいませ

  

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

      

                           本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※このブログは視野の狭い我が家の感想を綴った日記です。ご注意下さいませ)

またお立ち寄りくださいませ。 

子の入塾と転塾、塾通いのetc/part2。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

前回の続き+補足です。

 

娘は中2で塾に入り、

現在通っている塾を含めると、

約2年7か月で5つの塾にお世話になりました。

このスパンで5回の入塾経験は、

世間では多い方であるのは自覚しています。

私にはママ友はいませんが、

できれば私を知っている人には

このコトはあんまり知られたくありません。

どうしてかと聞かれたら、

何となく体裁が悪いからです。

 

また娘は塾以外では、

小5の9月~中3の3月末まで〇文式に通いました。

〇文式は、

中学受験をするため幼稚園から通っている友達が、

誘ってくれたから入会しました。

当時小5の娘は通信教材はしていましたが、

それ以外は何もしていなかったので、

友達と同様に英・算/週2で通いました。

誘ってくれた子は中学受験を無事に終えて

小6の2月頃に退会されたので、

一緒に通ったのは1年数ヶ月ほどでした。

 

さて娘は中学で運動系の部活とクラブに入りました。

週2回の〇文式の日は、

放課後の部活を終えて自宅に帰宅してから行きました。

中2から塾に入ったので、

部活後に〇文式へ行ってから塾へ向かう日もありました。

〇文式に通うのは週に2日しかありませんが、

今更ですが娘は頑張っていたと思います。

とくに中2の8月以降から、

塾が授業の有無に関係なく解放されている日は

特別な事情が無い限り自習で通ったので、

〇文式に通うのが大変になりました。

学校が長期休み中はもっと大変でした。

 

中2の夏休みのある日のスケジュールは、

午前中:部活

12時半:自宅で昼食

13時~:塾

〇文式

18時半:自宅で夕食&小休憩

21時半~22時前まで塾  

 

のような日もありました。

 

私は現在もパートをしていますが、

私にとって家事とパートだけでも大変なのに、

娘の食事と塾・〇文式の車での送迎も気にかけるのは

キツかったです。

学校が長期休み中は

塾で通常の授業以外に特別講習等もあるので、

時間に遅れないようにするため

いつも時間を気にして過ごしていた記憶があります。

我が家は一人っ子の娘しかいないので、

要領が悪くてドンくさい私でも何とかなった気がしますが、

私では二人以上の子育てはムリだと思います。

症状が安定していた私の持病が

数年ぶりに悪化したのもこの時期です(笑)。

 

また前回のブログで書きましたが、

今日までに縁をいただいた5つの塾を

A~E塾として概略を書くと、

 

A塾・・・中2の春に入塾した集団指導塾

B塾・・・A塾から中3の夏期講習前に転塾した個人の集団指導塾

C塾・・・A塾と併用で、

        コロナによる緊急事態宣言下の一斉休校中の補足として、  

        1カ月間限定で申し込んだ個別指導塾

D塾・・・B塾を高校入試の前日に個人の都合で退塾したため

      高校から通う塾(通塾中のE)が決まるまでの

      1カ月間限定で申し込んだ個別指導塾

E塾・・・現在通っている集団指導塾  です。

 

入塾の順番はA→C→B→D→Eで、

通塾期間は、

A塾:1年2カ月

C塾:1カ月

B塾:9カ月

D塾:1カ月

E塾:高1の4月~  です。

 

昨年のコロナ休校中に

A塾と併用でC塾を1カ月間だけ利用しましたが、

感染の拡大防止と予防のため自粛でしたので、

A塾は配布されたプリントやオンライン授業で、

C塾では購入した英語のテキストで、

〇文式から課されたプリントで、

自宅等で学習しました。

休校中で一時的だったとはいえ、

A塾、C塾、〇文式が重なっていました。

また中学校からも宿題の配布があったので、

プリント漬けだったことを思い出しました。

 

高1になった4月から通っているE塾は、

今のところ大学受験までお世話になるつもりですが、

退塾しないで通ったとしても(笑)

今は浪人は考えていないので、

通塾期間はMAXで約3年です。

〇文式は、

英語を4年半、算数(数学)を3年半続けたので、

一番長く利用したことになりそうです。

 

中2で塾に通い始めた約2年半前は、

いくつもの塾に縁をいただくとは思っていませんでした。

本人は様々な塾と講師の方々を知ることができたのは、

良かったと言ってくれますが、

良いコトばかりでもありませんでした(涙)。

それでも今はとても感謝しているのでした。               

                                 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。     

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の入塾と転塾、塾通いのetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

娘は中2の時に近所の塾に入りました。

講師の方には感謝をしていますが

こちらの都合で中3の夏期講習前に転塾をしたことは、

過去のブログに書いたことがあります。

 

高1の4月から通っている現在の塾を含めると、

この約2年半の間に

我が家は5つの塾にお世話になっています。

(小5の秋から中学受験をする友達に誘われて

中学卒業時まで通った〇文式は含みません)

 

私にママ友はいませんが、

学校の役員を何度か経験し、

職場に娘と同学年の子を持つ方が多数いて、

去年は娘が高校受験生だったので、

話題は塾や受験の話が中心でした。

そのため集団塾と個別指導塾or家庭教師を併用している子や

転塾した同級生の話を耳にする機会がありました。

娘が高校生になってから、

私は仕事先を変更し今は役員ではないので、

今年の3月までに聞いたなかで

地方在住の我が家の周りの塾通いで多いのは、

 

①中・高校受験までを扱う集団塾に

 小学生or中学生で入塾し、

 退塾しない限り受験まで通い、

 受験後に必要であれば新たな塾に入る

②大学受験までを扱う集団塾(予備校含む)に

 小学生or中学生で入塾し、

 退塾しない限り通塾

③大学受験までを扱う個別指導塾に

 退塾しない限り通塾

でした。

 

ここ数年は校区内に③の校舎や教室が

いくつか新規開業したこともあり、

③に通う子がとても増えた印象です。

私が聞いたなかでは、

①から③または③から③へ転塾する子が少なからずいました。

また①は高校受験で契約終了のため

①に通塾していた子は

必要であれば②か③に入塾するようです。

早くから入塾した子が数年後に転塾した話は聞きましたし、

娘と同じくらいの期間で

3回の入塾を経験した同級生が2人いるは知っていますが、

我が家の約2年半で5回の入塾経験は多い方だと思います(笑)。

 

短期間に縁をいただいた5つの塾を

A~E塾として概略を書くと、

 

A塾・・・中2の春に外部模試をきっかけに入塾した集団指導塾

B塾・・・A塾から中3の夏期講習前に転塾した個人の集団指導塾

 

がブログの冒頭の塾です。

 

C塾・・・A塾と併用で、

      昨年のコロナ禍の緊急事態宣言下による一斉休校中の補足として、  

      1カ月間限定の利用が可能かどうかの確認とお断りをしてから

      申し込んだ個別指導塾

     

D塾・・・B塾を高校入試前日に個人の都合で退塾したため

     高校から通う塾(通塾中のE)が決まるまでの

     1カ月間限定の利用が可能かどうかの確認とお断りをしてから     

     申し込んだ個別指導塾

     

E塾・・・現在通っている集団指導塾

 

入塾の順番はA→C→B→D→Eで、

 

期間は、

A塾:1年2カ月

C塾:1カ月間の限定

B塾:9カ月

D塾:1カ月間の限定

E塾:10カ月半~

です。

 

B塾は入試の前日まで、

D塾は入試の2日後から高校入学前まで

お世話になりました。

B塾を退塾しD塾に入塾して数週間後にあった合格発表の報告で、

当日の夕方すでに退塾したB塾へ娘が電話をした際に

「合格おめでとう。けれども高校入試はゴールではない。

    合否に関係なく高校でしっかり頑張るように。

 高校ではなく大学だぞ」

と塾長が言ってくれました。

我が家の子育ての高校受験>大学受験の方針に合ったB塾は

娘が塾長とそりが合わなくて止むを得ず退塾しましたが(涙)、

D塾で高校の勉強の準備をしていた時に、

このように声をかけていただけた事は

とても有難かったです。

 

またB塾のあとのD塾は、

入試の2日後から1カ月限定で通塾したのですが、

通塾の初日に、

「(入試が終わったばかりなのに)凄い」と娘に言って下さった事を

今でも覚えています。

D塾は個別指導塾で、塾長が比較的若い方でしたので、

生徒への声掛けに慣れていると感じました。

慣れている声かけの営業トークだと分かっていても、

入試の合否が判明する前に高校の勉強をスタートさせた我が家にとって、

肯定的な言葉は素直に嬉しかったです。

 

2年半前には

これほど転塾するとは思っていませんでしたが、

やむを得ない事情により

以上の5つの塾にお世話になりました。

 

本人は色々な塾を知れた&

慣れる頃に転塾して中弛みを防げたのは良かったと言ってくれますが、

メリットばかりではありませんでした(涙)。

 

多くの無駄と後悔もありましたが、

それでも多くの先生方と5つの塾に出会えて、

勉強以外での学びもいただけた事に

今はとても感謝をしているのでした。               

                                 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。     

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の高校の文理選択で親の私が考えさせられたコトetc。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

昨日のブログに書きましたが、

高1娘は文理選択でコースと科目の仮登録を済ませました。

来月の保護者懇談会のあとに本登録となります。

 

入学した時は、

12月の文理選択はまだ先だと思い

日々の生活にかまけて考えることを先延ばしにしていたら(汗)、

仮登録用紙の提出期限が迫っていました。

娘は誰にも相談しないでコースと履修科目を決めて

(私は求められて保護者欄にサインはしましたが)

用紙を提出しました。

 

入学~11月までに7か月ありました。

学校では進路指導が何度もありましたし、

事前アンケートや7月の保護者懇談会等でも

考えるように促してくれましたが、

娘と話す機会を持たずにタイムオーバーになりました。

今にして思うと、

入学して間もなくから進路の話があったのは、

高校生活は何かと忙しいため

ゴールデンウイークや夏休み等も利用して

しっかり検討するようにという配慮で

学校が早くから勧めてくれていたのですが、

当時はまったく気がつきませんでした(涙)。

 

情報収集を積極的にしないまま、

私と話す機会を持たないまま、

登録用紙を提出した娘の考えを憶測で代弁すると、

 

・学生は勉強と部活が忙しく、

    隙間時間はlineやYouTubeの視聴をしたい

・自分なりに考えているから人に相談しなくても大丈夫

の気持ちがあり、

 

・中学に比べて通学時間が増えた

・中学以上に日々の勉強も増した

の時間的な制限と、

 

・娘の通う高校では、

 定期テスト/年4回と、

 進〇模試/年2回、実力テスト/年2回があるため、

 (希望者は大手予備校模試も受検可能)

 毎日の勉強で精一杯

の努力肌の娘ならではの理由に加えて、

 

定期テストと各種模試の間には、

 体育祭や文化祭、遠足、郊外活動等の学校行事もある

ので楽しいけれど体力的に大変で、

 

・そもそも親(私)が頼りにならない=親が当てにならない

の理由があったからだと思います。

 

娘の高校は

2年生は1年生より模試の回数が増えるようなので、

まだ中学生or高1だからではなく、

まだ中学生or高1だからこそ、

気になる学校や大学があればネット検索や資料請求、

(新型コロナウィルスの感染状況や予防対策に注意を払って)

可能であればセミナー、オープンキャンパス

参加したほうが良いとあらためて感じましたが、

我が家にとっては時すでに遅しでした。

 

情報収集を積極的にしないまま、

娘と話す機会を持たないまま、

登録用紙にサインだけした私の気持ちを文字にすると、

 

我が家は地方に住んでおり、

この県は高校は公立が優位のため、

娘は地元の公立中学から

第一志望を公立、併願で第二志望を私立の高校を受験しました。

高校は大学への通過点と考えているので、

娘が中3になるまでは、

高校入試<大学入試でしたが、

娘が受験勉強を始めると、

志望校に進学させたいと思うようになりました。

希望する高校に進学できますようにと祈りました。

娘が中3の時は高校受験にしか気が回りませんでした。

高校入試>大学入試でした。

 

高校受験に意識がシフトしたため、

本来の目標の大学入試への意識が

希薄になったのが理由です(涙)。

 

そのため入学してから半年後にある

文理のコース・科目の選択では、

準備不足もあってとまどいを感じたのでした。

 

 

娘は高校生なので本人の自主性に任せていますが、

ある程度の把握と肝心な場面での保護者の関りは

我が家ではまだ必要だと考えています。

 

今でさえ娘の高校生活の流れについていけないのですが、

来年の今頃は高2の冬=大学入試まで約1年です。

その頃に流れについていけているようにするには、

大学入試に意識をシフトチェンジしないといけないと

子の高校の文理選択で気づかされたのでした(笑)。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                              本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

(あくまでも視野の狭い我が家の感想です。ご注意下さいませ)