進学校あるある(かも)

本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< この記事は約6分で読めます >

** 今は受験シーズンなので
    受験生や受験生に関係される方にとって
 ナイーブになる内容かもしれません。
 ご注意をお願いします **

 

“(略)みんこう”というサイトでは

県内で最も偏差値が高いとなっている

地方の高校に

娘は縁を頂けて通っています。

そこで視野の狭い我が家の

独断と偏見による

娘が通う高校ver.

進学校あるある(かも)です。

※そういう傾向があるかも?という事柄を
 ピックアップしましたが、
 すべて当てはまるとは限りません。
 エンタメ的に読んで下さると嬉しいです。

 

<学習など>

・幼少期から

 習い事や塾などに通っている

・ピアノが弾ける子が多い

・高校受験の勉強を頑張って入学した子は

 勉強にプライドや意地がある

・塾なしor一時的な塾の利用のみで

 合格した子が一定数いる

・中2で英検2級所持はまあまあいて、

 高1までに英検準1級の所持者もいる

 (帰国子女ではない)

・受験時の県内の併願私立の高校は

 特待や特進コースに合格の子が多数

・県外の私立の超進学高校を受験した子もいる

・暗記に時間がかからない

・一日の勉強時間が少ない子がいる

・日々がっつり勉強する子もいる

・高1の後期頃から成績の二極化が顕著

・勉強についていけなくなる子が

 出始める時期は他の高校より早め

・成績が低迷するとリカバリーが困難

・テストや模試の有無に関わらず

 電車やバス内では勉強するのがフツー

・隙間時間の勉強に使う単語帳などが

 ボロボロになりやすい

・理系は古文の勉強捨てがち

 

<学校>

・制服地味め

・文武両道

・規則がユルい

スマホ持込OK

 (授業中もマナーモードであれば使用OK)

・授業中の内職が許されがち

・課題に自主性が求められる

・ハイクオリティな課題を提出する子が多め

・天才肌の子がかなりいる

・入学時からトップ層メンバーは固定っぽい

・理系が文系の倍以上の人数

・大学受験は一般入試がセオリーの雰囲気

・高1の初回の三者懇談でも面談テーマは

 学校生活ではなく学習相談と進路指導

・クラスメイト達が志望する大学の

 ラインナップがスゴい

・教員の学習相談のアドバイスが的確

・浪人に理解がある

・教員が高学歴

・遠方から通学している生徒が結構いる

・親元を離れて下宿して通う子もいる

・親や身内の母校なことが多い

・兄弟が在籍or卒業生である率が高め

・イジメはほぼ無い気がする

・塾や予備校の門前配布がある

 

<生徒>

・部活も副教科もガチ勢がいる

・学校の休み時間も勉強の話多め

・郊外授業のバス内でも単語帳を見る

 (特に必携英単語 LEAP)

・志望大学や進路を早くから決めている

・医学部志望多い

・本人は医学に関心がないのに

 親から医学専攻を勧められている子もいる

・修学旅行でも勉強道具を持参

・大学入試は推薦を眼中に入れてない

・定テと〇研模試は手を抜きがち

・テストや模試の期間中の放課後は

 普段以上に校内の図書室、

 地域の図書館や塾の自習室へ直行

・意外と大手進学塾や予備校ではなく

 マイナー個人塾に通塾している

・制服を着るとシャキッとする

・中学時は生徒会長or生徒会役員の経験者

・精神年齢高め

・言葉遣いが良い

・性格は素直、負けず嫌い

・自己肯定感がある

・個性強めor天然キャラが一定数いる

・マルチで多才、多趣味な子が多い

・インスタやティクトックのアカウント保持者多い

・LINEの既読スルーは気にしないっぽい

・PCスキルが高め

・男子にゲーム好きが多い

・ムダ使いは少なめ

・太った子が少なめ

・コーヒー好き

 (男子はブラック、女子はカフェオレ系)

カップル意外と多め

・女子はかわいい子多いかも

・修学旅行や文化祭でクラスメイトの

 意外な一面に気づくことがある

・学校に愛着や思い入れが湧きがち

 

<保護者、家庭など>

・過保護

・家族仲が良さげ

・通学で子に持たせる弁当は

 手が込んでいる

・子の進路に関する意識が高い

・高学歴な傾向あり

・新聞を購読

・喫煙率が少なめ

・医療関係者か

 教員や大学教授などの

 教育関係者がいる率が高い

・年式に関わらずマイカーが

 手入れされているように見える

・子の通塾のサポートが協力的 

・塾の保護者会にはなるべく出席

 

<塾、予備校>

・高校や大学の合格時は

 合格体験記の依頼をされがち

・入塾面談は塾長や校舎長が応対

・担当の講師やチューターが高学歴

・小人数指導の場合、

 勉強に意欲的なグループに

 入れてもらえやすい

・塾の自習室を利用時は

 同じ高校の子を見かける

・勉強が習慣化されているためか

 決まった時間に自習室を利用

 

<その他>

・校内のテストや模試の成績票で、

 中学時では見たことがない

 学年順位を目にする場合もある

・成績が低迷すると劣等感を抱きがち

・成績不振な科目の

 校内のテストや模試は

 平均点以上や赤点回避が目標になりがち

・制服を着ていると

 賢そうに見られがち

・制服を着ている時は

 私服の時よりマナーを守りがち

・高校の合格発表時などに

 地元のテレビ局や新聞社が取材に来る

 

以上が娘の通う高校ver.

進学校あるある(かも)です。

 

娘は私に似て地頭が良くなく

中2まで塾なしノー勉で

中1の学年評定がヤバすぎたので、

持ち内申点はこの高校を受験するには

大幅に足りませんでした。

中3の後期始め頃の

本人と担任の二者面談では、

”みんこう”だと今の高校から

-10をした偏差値の高校を

受験するよう勧められたと聞きました。

ギリギリで縁をいただけた高校なので、

我が家は上記のあるあるに

あまり当てはまっていません。

 

そのため娘は勉強は大変だけど

中学よりは学校生活が楽しいと

言っていますが、

校内ではアウェイ感ありです。

また勉強が大変なので

もし二年より前の過去に戻れたら、

娘は今通っている高校は受験しないと

言っています(笑)。

 

高校生活はあと一年あるので

追加や変更したい点が

出てくるかもしれません。

とくに春から高3なので

進路指導や受験シーズンで

新たな気づきがあるかもです。

もし無事に娘が高校を卒業して

その頃にこのブログを続けていたら

あらためて記事を

アップしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2023年の受験生も、

受験生に関係される方にとっても

良い受験になりますように☆彡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓関連する記事です。
 良かったらお立ち寄り下さいませ。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

最後まで読んで下さり有難うございます。※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。

ランキングに参加中ーーーー

PVアクセスランキング にほんブログ村
<スポンサーリンク:広告>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの参考書 高く買います!!全国送料無料「学参プラザ」


まとめて詰めて送るだけ「時短」買取サイトPollet

進学校のメリットデメリット

本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< この記事は約5分で読めます >

 

我が家が感じている

高校が進学校の場合の

メリットデメリットです。

** 今は受験シーズンなので
    受験生や受験生の関係者の方にとって
 ナイーブになる内容かもしれません。
 ご注意をお願いします **

 

“(略)みんこう”というサイトでは

県内で最も偏差値が高いとなっている高校に

娘は縁を頂けて通っています。

ちなみに地方の公立高校です。

この高校に進学して

視野の狭い我が家が今のところ感じている

メリットデメリットを

独断と偏見で挙げます。

(エンタメ的に読んで下さると嬉しいです)

 

<メリット>

・高校受験を通して成長できた

・制服を着るとシャキッとする気がする

・学校の校風が自由で規則が緩い

・精神年齢の高い子が多めかも

・学校にイジメはない気がする

・学校に愛着が湧きそう

・難関大を志望する空気感に触れられる

・浪人する率は高めかも

・浪人する場合は周囲の理解を得やすいかも

・理系が文系の倍の人数いるので

 理系の娘には都合の良い点が多い

・教員の方に難関大出身者が多い気がする

・学習相談は的を射た回答がもらえやすい

・進路相談をしやすい

・隙間時間でも勉強する習慣が得られる

・保護者が子の進路に関する意識が高い

・門前配布が多い気がする

・高校入試や合格発表、

 自転車の安全指導などの取材で

 地元のテレビ局や新聞社が取材で

 学校に来ることが多め

 (夕方ローカルニュースで放映されやすい)

・塾で良い先生やチューターに

 担当してもらえやすいかも

・塾が学年・学校を問わない

 グループ制の個別指導の場合だと

 勉強意欲があるグループに入れるかも

・主人の出身地なので主人側の親類に

 娘の努力の理解が得られる

 

<デメリット>

・教科書やテキスト、副教材が多めかも

・課題に自由度が高く自主性が求められがち

・ガチ勢が提出する宿題や課題がハイクオリティ

・パソコンがそれなりに使えて当たり前感あり

・授業の理解に必死

・インフルエンザ等で連続日で

 学校を欠席すると授業内容のカバーが大変

・周りが優秀すぎて劣等感を抱く

・劣等感からモチベーションが下がり

 成績も下がる

・成績が低迷すると浮上するのが困難

・成績低迷だと入塾、併塾、転塾の可能性あり

・テスト結果の校内順位が

 中学時に見たこともない順位で

 親子共にショックを受ける

・頑張って勉強しても

 定テであっても総合順位は上位に入りづらい

・自己肯定感や有能感が下がる可能性あり

・制服を着ていると

 周囲から賢そうに見られることがあるが

 校内で成績下位だと

 プライドとギャップに苦しむ

・隙間時間に目を通せる単語帳などは

 かなりボロボロになりがち

・学校の先生が

 〇研模試の各教科の校内平均点を

 同県内の準トップ校と比べがち

・高い評定が得られにくいので

 推薦入試が難しくなる

・文武両道な雰囲気は

 副教科が壊滅的で要領が悪い娘にはキツイ

・副教科もガチ感あり

・志望大学や高校卒業後の進学先が

 本人の希望であっても

 周囲の理解が得られない場合があるかも

・生徒の保護者や身内に

 高学歴の方が結構いるので

 平凡な我が家は気後れする

・懇談会や三者面談に来校する保護者の車が

 立派な割合が高めな気がして気後れする

・制服着用時の校外マナーは

 私服時より気を付けた方が良いかも

・登下校の子を送迎するor学校に用事で

 車で来校する保護者は学校付近では

 いつも以上に運転や乗降時のマナーに

 気を付けた方が良いかも

 

以上です。

 

また私が想像していた以上に

フツーor陽キャの子、

運動・音楽・美術のセンスがある

マルチで多才な子が多く、

天才肌の子が占める割合と

彼氏or彼女がいる率が高くて、

いわゆるガリ勉タイプの子は

少ないような印象があります。

 

高校生活があと一年あるため

今後の進路相談や三者面談などで

変わるor追加される印象が

あるかもしれないし、

卒業して数年後に気づく点が

多々あるかもしれません。

 

そして娘のリアル本音は、

もし中学生に戻れるなら

勉強にシンドイ思いをしているので

今の高校には進学しないとの事です。

けれどもたとえ在県内の

準トップor準々トップの高校に

縁を頂いて進学し

勉強を努力したとしても

自分は上位層に入れないのは

理解しているようです。

けれども過去には戻れません。

春から高3で受験学年です。

今までの努力がムダになるし

せっかく努力を継続してこれたので

あと一年頑張ってみるそうです(笑)。

 

そして親の私の本音は、

娘が努力出来る子に育っているようなので

(もちろん成果は欲しいですが)

既に終えた高校受験、

2024年に予定している大学受験の

合否に関わらず

満足できそうな気がしているのでした(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2023年の受験生も、

受験生の関係者様にとっても

良い受験になりますように☆彡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓今は受験シーズンなので受験っぽい記事です。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com


最後まで読んで下さり有難うございます。
※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。

ランキングに参加中ーーーー

PVアクセスランキング にほんブログ村
<スポンサーリンク:広告>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NETOFFのらくらく!宅配買取サービス

医学書・医学専門書の専門買取サイト「メディカルマイスター」

あなたの参考書 高く買います!!全国送料無料「学参プラザ」

共テ(非受験学年)

本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< この記事は約4分で読めます >

** 文章内に胸やけ等
 連想する内容
があります。
 ご注意をお願いします **

 

先週末は

大学入試共通テスト(=共テ)がありましたね。

コロナ禍やインフルエンザの流行で

体調管理が難しいなかでしたが、

受験生が無事に

試験を受け終えることが

できていたら良いなと思います。

 

さて高2の娘は

同日に模試を受けていました。

この同日模試で共テの疑似体験をする

心づもりにしていました。

模試を受け終えてみると、

12月半ばの三者懇談会後から

Xmas~冬休み~年末~大晦日まで

あっという間だった気がします。

意外にも

年始から同日模試までの約二週間は

長くはないけれど短すぎる期間でも

ないと思えました。

 

さて同日模試を受け終えた娘は

とても疲れたと言っていました。

普段の自習で比較的長時間の勉強に

慣れていると思われる娘でしたが、

自習と模試では集中力が違うので

疲れ方が違うのでしょう。

(しかし普段の自習後に

 それほど疲れたと言わない娘が

 あまりにも何度も疲れたというので、

 普段の自習は集中してないように

 思えてきました)

同日模試で疲労を感じるなら、

緊張感を伴うであろう共テは

なおさら疲労感ハンパないだろうと

想像できます。

 

ところで職場の先輩の娘さんが十年ほど前に

センター試験を受けた際の話です。

もともと緊張しやすい性格の娘さんは

試験中に胸やけがしてきて

気分が悪くなったそうです。

どうにか試験を受け終えたものの、

迎えの自家用車の車内で

かなり嘔吐したそうです。

迎えに来た親の顔を見て

緊張から解放されたからかもしれません。

車内に入ったとたん

嘔吐する我が子の姿から

どれほどの緊張感と対峙していたかを

先輩は思い知ったそうです。

試験中に吐き気がしても

他の受験生へ配慮して

試験の場を乱さないよう努めたことや、

我慢して試験を受け終えた精神力が

先輩は嬉しかったそうです。

このエピソードに受験のすべてが

凝縮されているように私は感じました。

 

ちなみに先輩の娘さんは

どこかの国立大を卒業されているのは

このセンター試験の話より以前に

聞いたことがあったので、

きっと共テ・二次試験は

努力が実ったのだと思います。

緊張しやすいタイプの子×ピンチでも

大事な場面で力を発揮できたのは、

それまでの努力・過程・家庭で

積み重ねてきたものがあったからだと

想像できます。

身近な人の体験談なので

最後まで試験を諦めないことの

大切さをリアルに実感しました。

 

さて娘の通う高校では

高3生は共テの翌日に

学校で自己採点を行います。

自己採点の後日には

希望すれば保護者懇談会等も

設けてもらえるようです。

 

また娘が

中3の夏期講習前~高校受験前日まで

通っていた塾では、

共テを受け終えた在籍の塾生は

当日の夕方に塾に集まり

自己採点を行い報告する

当日報告会があります。

各科の先生も会に参加するので

より正確な自己採点ができると考え、

この塾への入会を検討した際に

関心を寄せた塾の取り組みの一つでした。

 

一年後の今頃は

娘も自己採点を学校で行っていると思います。

私大入試や二次試験、後期試験も

予定に考えているので、

共テの自己採点の結果に関わらず

娘のそれまでの努力が

次に繋げられるような

声掛けや行動をしたいと思います。

その自己採点前に

共テを受け終えた直後の娘が

疲れたと言ってくれたら

試験は(多分)集中できた証なので、

疲労感アピールして欲しいなと

思ったのでした(笑)。

 

受験生、

受験生の関係者様にとって

良い受験になりますように☆彡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓今は受験シーズンなので受験期らしい記事です。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com


最後まで読んで下さり有難うございます。
※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。

ランキングに参加中ーーーー

PVアクセスランキング にほんブログ村
<スポンサーリンク:広告>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NETOFFのらくらく!宅配買取サービス

医学書・医学専門書の専門買取サイト「メディカルマイスター」

あなたの参考書 高く買います!!全国送料無料「学参プラザ」

塾弁

本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< この記事は約3分で読めます >

 

以前は画像付きで時おり

アップしていた塾弁

(=通塾に持たせるor塾で食べる弁当)の記事を

一年ほど前から

書いていないのに気がつきました。

ちなみに娘は

公立高校に通っているので普段は

平日:学校で食べる弁当

平日以外:塾で食べる塾弁

を私が毎朝作っています。

高校の購買は

手ごろな価格で豊富な種類の

弁当や軽食が購入できるようですが、

何だかんだで弁当を作っているため

娘は数回しか利用したことがありません。

 

そのうちの一回は

入学して間もない頃にクラスメイトと

校内見学を兼ねて購買に行くことになったので

弁当を持たずに登校し

昼食に菓子パンを購入したようでした。

私にも菓子パンを一つお土産で

買って帰って来てくれました。

菓子パンは製パンメーカーの市販品ではなく、

地元のパン屋さんのでした。

 

さて塾弁記事を

更新しなくなった理由は

私は料理が苦手なため

レパートリーが少ないからです。

献立は週一ペースで

ローテーションが回ってくるため

代わり映えしないからです。

 

塾弁作りは

娘が中3の夏期講習から始まりました。

高2の現在は

毎週末と学校の長期休み期間は、

昼食用の塾弁or

塾弁の用意が無ければ食事代を

持たせる日々です。

中3夏期講習~去年の2月末までは

↑の塾弁に加えて

夕食用の塾弁作りや塾弁届けもあったので

とてもバタバタしていました。

今のところ夕塾弁作りと塾弁届けは

本人のダイエット、

オンラインで塾に出席、

転塾等の理由から

免除されています。

 

そんな弁当作りですが、

娘は春から高3なので

あと一年で解放される予定です。

弁当作りには

ランチグッズの洗浄、

ナフキン類の洗濯とアイロンがけ、

食材の買い出し、

弁当作りのための早起きが伴います。

それらをしなくてもすむ日が来るのが

とても待ち遠しいです。

 

さて新しい年がスタートしたのと、

塾弁の記事を書ける期間も残り一年なので

書くことにしました。

 

娘は先週末の三連休は午前中から

塾の自習室or図書館の自習スペースへ

勉強をしに行ったので、

そのうちの一日は

サンドイッチ弁当を持たせました。

 

今回の具材は

レタス・鴨パストラミ(スライス)です。

材料

サンドイッチ用パンに

クリームチーズやマーガリンを塗って

マヨネーズや塩コショウを加えながら

具材はパンからはみ出るくらい

多めに入れます。

具入りサンドイッチ用パン

1/2にカットし

1/2カット後

それぞれをラップに包んで

ラップ後

サンドイッチケースに入れたら

出来上がりです。

サンドイッチ弁当

足りないビタミンはサラダかフルーツで

補ってもらいます。

私の塾弁のレパートリーの少なさは

添えるドリンクやおやつで

フォローするしかありません。

私の手製塾弁で下がるテンションは、

フルーツやおやつで

上げるしかないのでした(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓は関連する記事です。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓今は受験シーズンなので受験期らしい記事です。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com


最後まで読んで下さり有難うございます。
※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。

塾・予備校のチラシ/part4

本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< この記事は約3分で読めます >

 

”塾・予備校のチラシ/part3”の続きです。

上記をアップ後の

学校が冬休みに入る直前の数日間で、

娘が持ち帰った門配の

塾・予備校のチラシが↓です。

※塾・予備校・校舎の名称等が映(写)らないよう

 同封のチラシ・パンフレットは

 表裏を入れ替えて撮影しています。

塾・予備校のチラシ(冬休み直前)

友達から貰った分も含まれるので

同じのがあります。

チラシは冬期講習の案内が多かったです。

開封し品物を集めたのが↓です。

品物①

品物②

文具類はどれもメーカー品で

ペン類、消しゴム、シャー針があり、

塾・予備校名入りでした。

シャー針付きチラシは初で、

シャー針はどれも0.5mmでした。

使い捨てカイロのような

シーズン系の消耗品はもとより、

文具類もバリエーションを変えて

配布しているのには驚かされます。

娘はシャー針の消費ペースが早く

シャー針は我が家にとっては

意外と高く感じる消耗品なので、

有難く使わせていただきます。

 

また蛍光ペン、ペン、消しゴムが

ワンセットで同封されている

チラシもありました。

 

複数回/年の門配で

複数の品物を付けたチラシ類を

大勢の学生に高頻度で配れる

大手の塾・予備校の資金力に感服です。

 

昨年の三月から通っている塾が

娘には合っているようなので

転塾や併塾は考えていませんが、

他塾の講習内容などに興味があるので

チラシはいつも目を通します。

チラシに記載の

”一流の講師陣””プロの指導””特別カリキュラム”

といったワードを見ると、

娘が仮に転塾・併塾して

これらのプログラムを活用できれば

娘でも賢くなり

志望校に合格できそうな気がしてきます。

けれども娘は中2~高2までの三年間で

5回の転塾があるので、

どれも消化不良になるのは

自明の理です。

”一流”プロ”特別”大手”は

残念ながら我が家には縁がありません。

 

さて今回でpart4となる

”塾・予備校のチラシ”の記事ですが、

昨年12月前後~冬休み前までの

約一ヶ月間に受け取ったチラシが↓です。

塾・予備校のチラシ

娘によると

使い捨て不織布マスク7枚入りのチラシは

クラスメイトに好評だったらしいです。

コロナ禍&インフル到来シーズンなうえ、

1~3枚でなく7枚入りだからかもしれません。

このチラシは

チラシ+ペンorチラシ+ペン+マスクの

2パターンで同日配布だったらしく、

マスク無しチラシを受け取った友達が

マスク有りチラシを受け取った娘を

羨ましがったと聞きました。

またチラシは受け取らない派の子が

「マスクだったら受け取ったのに~」と

言っていたそうです。

塾・予備校のチラシで盛り上がれる女子高生を

微笑ましく感じました(笑)。

 

↑だけでなく今までの

学校の長期休暇前・試験前後にも

度々あった門配分もあるため

しばらくは筆記用具を

買わななくて済みそうです。

 

ちなみに今まで持ち帰ったカイロは

全て貼らないカイロでした。

私はカイロは貼る派なので

貼るカイロは買いましたが、

カイロは貼らない派の

娘用カイロは門配分があるので、

今シーズンは貼らないカイロは

買わない予定なのでした(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓は今回の記事のpart1,2です。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓は関連する記事です。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com


最後まで読んで下さり有難うございます。
※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。

年始(非受験学年)

本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< この記事は約3分で読めます >

 

2023年がスタートしましたね。

我が家は先日初詣に行き

各々がおみくじを引きました。

娘は春から高3・大学受験生なので

全体・学問の運勢は

例年より気になります。

娘は努力すれば報われる&

私は油断大敵という意味の

ご神託がありました。

コツコツ努力マイペース型の娘&

そそっかしく思慮の足りない私に

ピッタリのお告げです。

当てはまり過ぎです。

慎んで今年の指針にします。

 

さて娘が通っている塾の自習室は

年始は本日より開放されました。

開放されていれば

特別な事情がない限り自習へ行く娘ですが、

今日は自習室の利用を迷いました。

なぜなら中3生は私立高校の一般入試前&

高3生は共テ直前のため

勉強が大事な期間で、

感染症が特に気になる時期だからです。

 

娘が通っている塾は

個人経営の個別指導塾のため、

正月特訓や特別講習等はありません。

学習管理型なので

各塾生に指定の自習ブース席があります。

娘は家で勉強できない民なので、

勉強道具のほとんどを

塾の自分のブースに

置きっぱなしにしているようです。

そのため塾生全員が塾に集まったとしても

席が不足する事態は起こりません。

娘が自習室を利用したために

受験生の席が足りなくなる心配はありません。

 

懸念は感染症です。

我が家でも引き続き

基本的な感染症拡大の予防に努めていて、

年末に顔を合わせた数人の身内は

同じ県内に住んでおり、

娘を含めた家族全員が

今日まで症状なしのため

娘は自習室を利用していますが、

受験生に感染症をうつすようなことが

あってはいけません。

通塾先はこじんまりとした校舎で

面談室や休憩スペースはありますが、

ワンフロアに近い状態なので

換気等の対応もありますが、

非受験学年の塾生も今は

受験生への配慮ができると

良いと思いました。

 

学校の冬休み中の課題があり

年明けに課題テ・模試・実テがあるのに

一日勉強できる場所がない&

今年の塾の初日でもあるので、

今日は塾の自習室に向かわせました。

 

以上の理由から年末の数日も

塾の自習室の利用は控えて

図書館で勉強したり、

個別指導は自宅から

ZOOMで参加したりしました。

明日から開館する図書館があるので、

冬休みが終わるまでは

塾の自習室へは行かず

図書館で勉強する予定としました。

 

Xmas前後は寒さの厳しい日が続きましたが、

年始は比較的天候に恵まれているように感じます。

窓から差し込む日差しが暖かいので

今年の始まりが温かく包まれている気がします。

 

受験生が無事に試験を

受けることができますよう

受験生・受験生に関係のある方々にとって

良い受験になりますよう

どなた様にとっても

良い一年となりますよう

お祈り申し上げます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓は年始なので我が家らしい記事にしました。

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com


最後まで読んで下さり有難うございます。
※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。

大晦日(身内あるある)

年末の慌ただしいなか
本日もブログを開いて下さり
有難うございます。
< やや長文です。この記事は約4、5分で読めます >

さて先日より帰省中ですが、

年末っぽいコトがあったので書きます。

 

私も同席していた帰省先で、

娘は久しぶりに会う親類から

進路予定を聞かれました。

 

在県は地方で

親類は親しい間柄なので

親心に似た心配と関心、

また普段は話す機会がないため

せっかく顔を合わせたという

お気持ちからだと察します。

 

関東圏のとある大学を

志望校に考えている娘ですが、

入試は一年先で不確定なので

ぼかして答えれば良いのに

具体的に答えたようです。

私は席を外していた時間があり、

会話を全部聞いていたわけでは

ありませんが、

娘の第一志望校を聞いた

親類のリアクションが

ビミョーだったのは分かりました。

 

地元や近隣県にも素晴らしい大学が

(娘が目標とするには

 遠く及ばない大学も多々含まれます)

幾つもあるにも関わらず、

あえて関東圏の

在県では知名度がそれほど高くない大学を

志望しているのが腑に落ちない様子です。

(ちなみに娘の志望校は

 関東圏に在住の方、

 もしくは大学受験や

 その分野に関心のある方なら

 知っているであろう歴史ある大学です)

 

前回の記事にあるように

12月半ばの保護者懇談会で

志望大学について担任の先生から

提案があったばかりだったので、

私の胸はザワっとなりました。

身内だからこそ

大学名を聞いた際の親類の

ビミョーな反応に

辛いものを感じました。

 

親類は娘と話していて

私に聞いているのではないし、

主人側の親類という遠慮もあり、

私は会話に参加せず

話の流れに耳を傾けていました。

 

親類からは「何を学ぶの?」

「こちらの大学の方が良いのでは?」等の

アドバイスがありました。

会話の序盤は応答をしていた娘ですが

次第に言葉数が少なくなりました。

気まずい空気が漂ったので

私も輪に加わって別な話題に話をそらし

この話は途中のまま終わりました。

 

身内が集まるからこそ起こる

”あるある”でした。

コロナ禍ということもあり

アルコール類は誰も摂取していませんが、

親類にお酒が入っていた方が

良かったかもしれません。

 

親類に深い意図がないのは

分かっていますが、

人によってはデリケートな話題で

入試はまだ先なうえ

志望校に迷いが生じていたタイミングに、

後押しではないアドバイス

もらうカタチになったので、

親子ともにプチ凹みです。

 

今にして思うと

娘は親類のリアクションは

想定内だったと思います。

想定のうえ伝えたけれど、

想定以上の返しをもらったから

口を閉ざし気味になった気がします。

 

娘をフォローできなかった

自分にダメ出ししたいです。

フォローできなかったのは

私が娘の志望校に

全納得できてないからかもしれません。

また周囲の声くらいで

グラつく自身の心の余裕のなさも

情けないです。

 

もちろん

親類の気持ちも分かります。

そのため前もって

娘の考え・我が家の方針が

ある程度伝わったのは

良かったと思います。

 

来年の今頃は共テ前のため

”やることを淡々とやる”を

モットーにしたいので、

周りの意見に流されやすい私は

来年の年末に身内と会うのは

感染症などのリスクも考慮し

控えた方が良い気もしました。

 

しかし娘は意地っ張りな一面もあるため、

周囲に否定的な事を言われた方が

負けん気を燃やすかもしれないので、

来年の今頃に

周囲のアドバイスを消化できるなら

例年通りの過ごし方で

良い気もするのでした(笑)。

 

さて年明けから

一般入学試験が始まります。

最後まで読んで下さった皆様の中には

親族や友人と年末年始を過ごす方も

いらっしゃると思います。

その中には受験生に関係のある方が

いるかもしれません。

大人から見れば

受験生は子供かもしれません。

大人より経験値が少ないので

アドバイスしたくなる

気持ちも分かります。

けれども

本人のことは本人が一番知っています。

本人なりに考えてもいるようです。

親しい間柄だからこそ

危なっかしく感じても

信じてくれると自信になります。

無事に試験を受け終えられるよう

想ってくれると嬉しいです。

以上が我が家が

今年の年末で得た教訓です。

 

そして今日は大晦日です。

中3・高校受験生に伴走する母として

約三年前の全国一斉コロナ休校中に

スタートしたブログですが、

娘は春から高3・大学受験生です。

主に高校~大学受験に関する

特化型の拙い日記ブログにも関わらず

受験生が身内や知り合いに

いらっしゃらないであろうと

思われる方々にも

お立ち寄りいただき感謝しています。

この場を借りて

お礼申し上げます。

 

合否に関わらず時が過ぎれば

良い経験だったと思える

受験になるように

2023年も試行錯誤しながら

過ごします。

 

来年もどうか皆様の日常に

ブログを通してお邪魔させて下さい。

今年も有難うございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓は年末なので我が家らしい記事です。
ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com


最後まで読んで下さり有難うございます。
※視野の狭い我が家の偏った日記ブログです。
ご注意をお願いします。