定期テストシーズンetc。

本日もブログを開いて下さってありがとうございます。

 

我が娘は定期テスト期間中なので

この3連休もいつものように塾の自習室へ

勉強のために行きました。

(このあたりの地域の高校はテスト期間中か

 もうすぐテスト期間に入る学校が多いようです) 

 

私はそんな娘に今日も

昼用の塾弁を持たせて見送りました。

週末の塾弁作りも3年以上続いています。

料理が苦手な私が作る塾弁なので

手の込んだものは作れませんが

気持ちは込めて作っています(多分)。

 

さてテスト期間のことを思い出そうと

以前の記事を読み直しました。

記事の中の私は今よりも熱くてヤバかったです。

(↓ブログの文章末にリンク貼りました)

 

勉強をするのは好きではないけれど

勉強習慣は身に着いたようなので、

娘が高校生になった頃から私は

進路の情報集めなどには加わりますが

学習については徐々にノータッチになりました。

”ノータッチにした”ではなく

”ノータッチになって”いきました。

 

そんな私を見て娘は

”もう自分は期待されなくなった”

”ママは諦めた”と思ったそうです。

実際に言葉で言われました。

あながち見当違いでもありません(笑)。

 

紆余曲折もあって

”本人の努力の先にある行きたい大学”にチャレンジが

今の娘の進路には

ベストだと思えるようになりつつあります。

”行ける”でも

”行けそうな”でも

”行きたい”でもなく

”努力の先にある行きたい”がポイントです。

 

理想より現実、

親の見栄より本人の希望、

が志望校選びのウエイトを占めるようになっています。

 

さて志望校選びは大切ですが

目前の定テも大事です。

 

高校はギリギリで縁をいただけた学校のため

授業についていくのに苦労しているようです。

それでも娘にしては学習を継続できているので

報われる努力があるのを実感させてあげたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は約2年前の記事です。

当時は”見守りたい母”ではなく

”伴走母”の日記ブログで書いていました。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の大学のオープンキャンパスの付き添いetc/part4。

本日もブログを開いて下さってありがとうございます。

 

前回の記事の続きです。

 

第一志望の大学以外に

2つの私大(以下:大学①、②)のオーキャンに参加しました。

 

大学①②ともに受付で

A4縦型サイズ×持ち手部分が長いバッグを貰いました。

バッグにはパンフレット類が入っているのですが

受け取ると思っていたよりも重さがある=意外と重いのに気がつきました。

重さを考慮してか

カバンが肩掛けとしても使えるタイプだったので、

重さを感じる負担を軽減&なるべく手を塞がないようにするため

肩に掛けて使用しました。

 

無料で来場者に配布するバッグとはいえ、

把手が丈夫or太目or長めの造りだと

この大学は分かってると思う気がします。

地味にポイントアップです(笑)。

 

 

<バッグ・配布物など>

大学①

大学名等がプリントされたバッグで、

プリント部分は何色かのカラーバリエがあったようです。

バッグとは別に受付で、

当日のイベント案内、キャンパスマップ等を貰いました。

バッグの中には、

・大学案内、入試インフォメーション

・受験ガイド

・学部パンフレット

学生寮案内

・広告チラシ

が入っていました。

 

大学②

バッグに大学名等がプリントされており、

上部にファスナー&底にマチが付いていました。

バッグの中には、

・当日オーキャンのパンフレット

  ↑チラシではなく製本された今回のオーキャン専用

・大学ガイドブック(別紙付録あり)

・研究室ガイド

・入試ガイド

・留学案内

・入試問題の事例集

が入っていました。

どれもページ数が多いため 

バッグの底がマチ有りなのは合点がいきました。

また上記以外に、

資料請求では同封されていなかったものもありました。

それは事前のオンライン入試説明会(個別ではなく全体)で

入試担当の方からオーキャン来場者のみ配布と

告知があった資料でした。

 

大学①②のどちらも

学科のセミナーや展示の会場で

学科のチラシの設置や配布があったので

バッグ内に追加されました。

 

配布された学部パンフレットや研究室ガイドは、

学部で扱っている学問が多数で領域が広い場合に

詳細な内容が分かるので、

学科の違いを確認し絞り込みができるor

数学ⅠAの“集合と命題”の共通部分のように

学科間で重なる学問があると、

学科の選択肢が増える場合もあるため

とても参考になりました。

 

 

<その他>

ドリンクorドリンク引換券や、

当日中に指定場所へ記入したアンケートを提出するとオリジナル品の進呈、

後日アンケート依頼のメールがある大学もありました。

 

 

複数の大学に訪れたことで

校風や雰囲気、設備などの違いや特色、

学問や研究の詳細を知ることができました。

過去問の一例の解説コーナーや来場者のみ配布の資料などから

大学側の想いも感じた

子の大学のオープンキャンパスの付き添いなのでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の大学のオープンキャンパスの付き添いetc/part3。

本日もブログを開いて下さってありがとうございます。

 

前回の記事の続きです。

 

<参加してみてpart2>

第一志望の大学とは別で

2つの私大のオーキャンに参加したのですが、

オーキャン日に

食堂やカフェの利用可の大学は図書館に入れなかったのですが、

食堂やカフェの利用不可だけど図書館の見学OKの大学がありました。

(大学orキャンパスによっては図書館ではなく図書室の場合もあるようです)

 

娘が空き時間に読書をする機会は少ないと思うのですが(涙)、

通うことになった場合

新刊や話題or読みたい本が多くあれば借りるかもしれないし、

試験前に自習をするかもしれないので、

図書館の規模、開放日・時間、自習ブースは

チェックしたいポイントの一つでした。

自習ブースを頻繁に利用する予定なら

各席のスペース、席数、椅子、ライトも

見ておくと良いかもしれません。

 

さて2校のうち

関心度が低かった大学の方が

オーキャン中の娘が楽しそう&通う場合のイメージがしっくりきました。

さらにキャンパス内に

本人の興味アンテナが向くワードやポイントが多く

マッチ感が高いと感じました。

何となくですが雰囲気が合うと思いました。

不確かだけど直感や印象は意外に侮れない気がするのです。

私は想像力が乏しいアナログ人間なので

実際に足を運んで感じ取れた情報や要素も多かったです。

 

<その他>

某ホテルに宿泊予約をする前に

国立二次試験でも再度利用すると想定し、

・会員は非会員よりも一ヶ月ほど早く宿泊予約が可

・割引などの特典あり

などの理由からメンバーズカードを作りました。

 

また新幹線のチケットを学割で購入するため

通っている高校に学割申請をしました。

数日後に承認された申請書を持って窓口に行き購入しました。

 

※コロナ禍の第7波で感染拡大のため

 オーキャン申込後も

 ホテルや新幹線の予約をギリギリまで悩みました。

 イベントの開催の有無、感染等のリスクもあったので、

 予約後~当日~帰宅してからの数日間

 落ち着かない日を過ごしました。

 

<まとめ>

志望の国立大、

押さえ校・安全校で検討している私大2校へ行きました。

この3校はオンラインの進学説明会に参加&

大学案内やキャンパスの動画配信も視聴してから行きましたが、

リアル見学によって

押さえ校と考えていた大学は

(最寄りの駅からほど近く、新しくオシャレなキャンパスで

就職にも強いとされている大学なので残念ではありますが)

我が家の受験校の候補から外れました。

 

国立前期&安全校として受験したい2校は

納得のうえ定まりました。

志望校も大事ですが、

我が家というか…ほぼ私(汗)にとっては

志望校に縁がなかった場合の備えも同じくらい大切なので、

安全校として考えていた大学が

より素敵に思えたのは大きな収穫

(オーキャン巡り旅の出費は痛手)でした。

 

たった2泊3日とはいえ

明らかにキャパオーバーの非日常の体験をしたため

やり終えた感があったのですが、

よく考えたら…

受験予定の私大は1校しか決まっていません(汗)。

 

思うようにならない学力のため

本人の努力にリスペクトしつつ

伸びしろに期待しつつ

あと数校は受験候補に挙げたいと思いながら

けれども今回絞り込んで訪れたところさらに絞り込んだため、

候補に挙げられる学校はあるのだろうかと不安を抱きながら

子の大学のオーキャンの付き添いの感想を

ブログに書き終えたのでした(笑)。

 

                                                                                                            次回に続きます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の大学のオープンキャンパスの付き添いetc/part2。

本日もブログを開いて下さってありがとうございます。

 

前回の記事の続きです。

 

<当日の服装と荷物など>

地方から宿泊を伴って参加ということもあり、

娘は制服ではなく

ラフ過ぎない私服×履きなれたシューズで行きました。

 

受付で案内やパンフレット等の入った手提げ袋を配布されることが多く、

移動中はキャンパスガイドやイベント案内を見るだけでなく

汗をタオルで拭いたり飲料を飲んだりするため

なるべく手を塞がないように

カバンは娘:リュック、私:ショルダーバッグにしました。

 

3日間のうち1日はにわか雨に降られ、

雨傘をさしたり雨で濡れた腕やカバンを拭いたりしたので、

リュックやショルダーバッグにして良かったと思いました。

広い敷地内を移動するので

日傘兼雨傘があると良いかもしれません。

 

持ち物は、

飲み物、折り畳み傘、ハンドタオル、

予備マスクや除菌シートなどの衛生用品、

クリアファイル、筆記用具、下調べして自宅でプリントアウトした資料、

スマホ、充電器、財布などです。

(↑だけでもそれなりの重さ×3日連続だったので肩が凝りました)

 

<参加してみて>

娘の大学選びは、学問・研究を優先です。

学力の都合で選択肢が多くないので(汗)

目指す大学はスムーズに決まりました。

しかし第一志望以外が

研究したいテーマを深く扱っていないという理由から

なかなか定まりませんでした。

それでも高校卒業後は進学希望のため

志望校に縁がなかった場合に備えなければなりません。

何校もの大学のHPを調べて資料請求を行い、

オンライン進学説明会に参加したところ

娘が関心を寄せた私大が2校あったので

オーキャンに参加しました。

 

けれども

そのうちの1校のオーキャンイベントの

研究室紹介とミニ論文発表会に出席したところ、

興味深く拝聴させていただいたのですが

本人が向かない&私も娘が学びたいのとはちょっと違うかも…と

感じた大学がありました。

学びのジャンルを細分化すると別になってしまった感じです。

資料請求で届いた研究室ガイドも読んで

第七波のコロナ禍に宿泊を伴って訪れたのでとても残念でしたが、

受験前に分かったので良かったです。

 

もちろん第一志望の大学も行きました。

敷地内を歩くと

ネットで画像や動画を何度も観ていましたが、

棟や図書館、グラウンド、体育館などの雰囲気や規模が

リアルで伝わりました。

本人はイメージ通りだったらしく

”この大学に通いたい感”がアップしたのが分かりました。

 

また二次試験を受けることを想定して

昨年は試験会場だった校舎・棟の位置、

宿泊予定のホテルから大学までのルート・所要時間、

コンビニの場所も確認しました。

とても暑い日でしたが

敷地外も一時間以上は歩いて周辺の環境も見てきました。

短い時間の見学でしたが

私は想像力が豊かではないので、

実際に目で見ることでイメージがリアルになり

想像力の不足分を補うことができて

安心感につながりました。

 

またこの場所に来ることができますように…と

願うコトしかできないのを感じた

子の大学のオーキャンの付き添いなのでした(笑)。

 

                              次回に続きます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の大学のオープンキャンパスの付き添いetc。

本日もブログを開いて下さってありがとうございます。

 

突然ですがブログ名をちょっぴり変えました。

そして約1ヶ月ぶりの更新です(笑)。

 

さて8月に娘と

1日に1大学とし2泊3日で3つの大学に

オープンキャンパス等で行ってきました。

 

7、8月は発表されるコロナ感染者数がとても多かったので、

来場型の参加に躊躇がなかったワケではありません。

けれども第一志望と安全校として考えている学校だけは

見ておきたいと思い、

感染予防に努めながら行動しました。

 

来場には事前予約が必要でした。

予約後もコロナ禍のため開催されるのかを気にしつつ、

3日間の行程の計画、

交通機関や宿泊の手配、荷物の準備をしました。

また当日はコロナ感染と熱中症に、

帰宅後も体調に変化等はないかを気にかけながら

日々を過ごしました。

 

そこで今回は、

オープンキャンパス(以下:オーキャン)の

予約~参加~帰宅後について書きます。

(※視野の狭い我が家調べの限られた情報です。ご注意下さいませ)

 

<予約前>

以前のブログに書いた

オンライン進学イベントに参加したり、

資料請求で届いた大学のパンフレット類や

各大学のHPページをチェックしたりしました。

 

コロナ禍のため各大学のオーキャンは、

オンラインのみや

来場型で開催の場合は、

オンラインと併用や

高3生と高校既卒生のみ来場可など

規模を縮小や人数制限をしての開催等も

あったようでした。

 

<予約>

ウェブ予約でした。

予約受付の開始が平日の日中という大学があり、

私は仕事中×娘は塾の夏期講習や部活のため

私が用事を終えて予約しようとした時には

定員オーバーで申込が終了していないかハラハラしました。

 

また予約の際には、

大抵は週末など連続した2日間の開催が多いので

予約フォームの希望日時の選択欄を

間違えないようプチ緊張しました。

 

来場者1名につき1予約(1メアド)が必要な大学(以下:A大学)があり、

娘と私の2名で参加希望のため

定員オーバーになる前に

それぞれが予約を済ませないといけなかったので、

焦りました。

 

娘は理系志望ですが

ミニ実験などに参加するには

来場予約とは別に申込が必要な場合もあり、

興味のある学科が複数あるとイベントの時間が重なるor

重なっていなくても

広い大学の敷地内でイベントのある会場・教室へ移動するため、

優先順位を考えて申込をしなければなりません。

開催が2日間あるなら両日を利用して、

または別の月にもイベントの開催、

大学祭や一般見学があれば

利用するのも良いと思いました。

 

さてA大学は申込後に予約完了メールが届きました。

いつでも内容が確認でき、

予約の変更やキャンセルもウェブからできました。

開催は2日間ありましたが

数日後には満員となっていました。

 

けれども完了メールがなく

予約した内容が確認できない学校(以下:B大学)もありました。

予約中に私が入力内容をプリントアウトすれば良かったのですが、

とにかく申込を完了させておきたい気持ちが先行してしまいました。

地方から宿泊の手配をして向かうため、

B大学へオーキャン予約が出来ているか&

コロナ禍のため現時点での判断で構わないので開催の見通しを

確認したくて、

電話で担当者の方に問い合わせをしました。

お忙しいなか対応していただき、

予約が出来ていることを教えて下さいました。

 

ホッとしたと同時に…恥を晒し情けなくなりました(涙)。

つくづく私はアホな母親だと実感しました。

B大学からは後日、

会場へのアクセスや学内マップ、イベント詳細の案内が

登録したメールアドレスにありました。

 

出発前までに

予約内容・学内マップなど必要な情報は

大学ごとにプリントアウトしホチキス止めをして、

旅のしおり~2022オーキャン夏~を作成しました。

 

<当日>

交通機関を利用しオーキャンへ向かう途中で

行き先が同じであろう親子連れを多く見ました。

男子は1人で来ている子や

女子は友達と2人で参加の子も見かけましたが、

大抵は子+母の組み合わせでした。

制服の子もいましたが、

私服の子が多かったです。

 

A大学

参加者1名につき1メアドの登録だったので

当日は受付でスマホ等で登録画面の提示が必要でした。

また受付で大学パンフレットや本日のイベント案内の入った

A4サイズの手提げを貰いました。

自動販売機は利用できましたが、

売店や学食などは日曜ということもあってか利用不可でした。

教授による学部紹介、

在学生による大学受験や院進についての話&

ミニ論文の発表会に参加しました。

 

B大学

受付ではA大学のような登録画面の提示はありませんでした。

大学パンフレットや本日の案内の入ったA4サイズの手提げを貰いました。

手提げにプリントされたイラストと大学名には

幾つかのカラーバリエがありました。

コロナ禍ですが熱中症対策のためか

引換券と交換で1人1本ペットボトル飲料の配布がありました。

十数種類の中から冷やしてあるのを選ぶことができました。

保護者は母親が多いためか飲料は紅茶系が人気があったようで、

我が家が引換所に行った時には

紅茶系は品切れになっていました。

 

また学内の学食やカフェ、売店の利用可でした。

(コロナ感染拡大予防のため利用スペースに制限等ありました)

せっかくなのでカフェで

混んでいない時間帯に隅の席で注文したポテトを食べました。

食事の提供もありましたが、

時間の都合もあって残念ながらパスしました。

 

この大学では研究室のパネル展示、入試説明会、学科紹介セミナーに参加しました。

入試の過去問の閲覧コーナーも行きました。

また我が家は利用しませんでしたが、

個別相談や住まいの情報提供するブースもあり

多くの方が利用していたようでした。

                              次回に続きます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の大学の進学オンラインイベントについてのetc/part3。

「元:中3受験生・伴走母」からの

「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

前回の続きです。

 

7/9、10(土・日)に

〇ナビの国公私立大・合同進学オンラインイベントがあり、

我が家は2つの大学の各種プログラムに参加しました。

今日は研究室訪問と

各プログラムに参加した感想等です。

(※我が家が参加した2大学についての内容になります。すべてのプログラムにあてはまらないかもしれませんので、ご注意下さいませ)

 

【研究室訪問】

・高校生、高卒生のみ参加可

・事前に指定の講義ライブを視聴

・リアルタイム

・〇ナビの担当者さんが進行役

・ライブで講義をされていた教授、教員の方が、

    講義ライブについての学生の質問に答える形式

 

こちらは娘の第一志望の国立(理系)で

意中の研究室のプログラムでした。

保護者は参加不可のため(涙)、

本人のみ参加しました。

 

約30分間という限られた時間でしたが、

ZOOMでオーディオとチャットから

ディスカッションや質問ができたようです。

(オンデマンド動画の講義は保護者の視聴はOKで、

 開催2週間前からいつでも視聴できました。

 講義は娘と一緒に観ましたが

 とても専門的な内容でした。

 もし娘がこの研究室に入れたら

 このテーマをディープに追求できるかもしれないと喜ばしく思えた半面、

 学問の深掘りについていけるだろうかと不安も感じました)

 

研究室訪問を終えた娘の雰囲気から

志望大学の最も関心を寄せている研究室の教授に、

オンラインとはいえお会いできテンションが、

そして他校の学生さんとも交流できモチベーションが

ともに上がったように感じました(笑)。


余力のない微力な見守り母として出来ることは

教授と参加された学生の皆様に

娘が対面でお会いできる日が訪れるように

願うことだけです。

 

興味があるとはいえ質疑応答の内容を

娘がどこまで理解できたか分かりませんが、

今までよりも大学や研究室、学問のイメージが

クリアになったと思います。

 

 

【まとめ・感想など】

〇ナビはもともと大学調べ・資料請求で利用のため登録済でしたが、

〇ナビライブに参加するために

〇ナビから〇ナビライブの登録をしました。

〇ナビは画面がシンプルなので利用しやすい印象でしたが、

〇ナビライブのページも見やすく&分かりやすく

予約申込~予約確認~当日参加までスムーズに行えました。

 

マイページで予約一覧を確認することもできますが、

予約後に予約完了メールが、

予約したイベントの前日には参加お知らせメールが、

登録のメールアドレス宛に届くので、

未登録や参加忘れを防げます。


必須ではないようですが

参加後にマイページからアンケートに答えることができました。

 

当日開催のプログラムはどれも約30分なので、

時間帯が重ならなければ複数予約できます。

(同時進行で多数の大学のプログラムがあり、

 知名度が高いor人気があるor規模が大きな総合大学は

 満席になりやすいので、

 申込みは計画的にした方が良いです)

そのため志望校だけでなく、

併願校や安全校の下調べとしても

適したイベントだと思いました。

 

〇ナビライブは夏と秋・年2回/2日間の計4日間あるので

都合により今回は申し込みをしなかった

国立後期&安全校として検討中の学校と、

志望大学には再度、

秋に参加申込をするつもりです!

 

 

さて〇ナビライブに参加後、

志望大学のオンラインオープンキャンパスと、

7/23、24(土・日)に〇合塾主催の大学合同オンライン説明会にも

参加したので、次回に書きます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。  

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。

子の大学の進学オンラインイベントについてのetc/part2。

「元:中3受験生・伴走母」からの

「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

前回の続きです。

 

7/9、10に

〇ナビライブの国公私立大の合同進学イベントに

娘とオンラインで参加しました。

(高校生・高卒生限定のプログラムは本人のみ参加しました)

 

このイベントには

期間限定でオンデマンド動画配信の講義ライブ、

研究室訪問、入試説明会などのプログラムがありました。

 

我が家は

本人が志望する国立大の

入試説明会、オンラインセミナー(複数)、講義ライブと

私立大の入試説明会、

計2大学の複数のプログラムに申込みをしました。

 

下準備として前日までに、

・参加する大学のHPやパンフレットを再読

・複数のプログラムに申し込んだため

   予約したプログラムの実施日時がすぐに確認できるように

   〇ナビのマイページをプリントアウト

・ZOOMの動作確認

 

当日のイベント開催時間までに、

・PC、PCが不具合を起こした時に備えてスマホの充電

・メモの用意

・すぐに見れるように大学のパンフレットも手元に置く

をしました。

 

では以下に

我が家が参加したプログラムや感想etcを書きます。

(※参加したのは2大学のため、

    すべてのプログラムに当てはまるものではありませんので、

  ご注意くださいませ)

 

【学部・学科紹介】

・リアルタイム

・〇ナビの担当者さんが進行

・大学の教授、教員の方がスライド等を用いて紹介

・質疑応答の時間あり

 

学部だけでなく

学部内にある学科を紹介するセミナーにもそれぞれ参加したことで

各学科の特徴や得意とする分野を

より詳しく知ることができました。

曖昧だったところがクリアになり、

志望する学科に迷いがなくなりました。

質疑応答では、

チャットやオーディオを利用して

学生さんが積極的に研究室や学問についての質問をしていました。

どの質問も内容が深くてピンポイントで、

参加者の熱心さがうかがえました。

 

 

【入試説明会】

・リアルタイム

・〇ナビの担当者さんが進行

・大学の入試担当や事務課の方が応対

 

事前の質問フォームor当日オープンチャットからの質問に、

開始から担当の方が口頭で答えるスタイルでした。

時間に限りがあるため、

参加者が次々に発信する質問に

担当の方がテキパキと応対されました。

質問は

推薦入試の面接、小論文のテーマ、

院進、留学先や留学者の選考基準、学生寮について等

がありました。

 

娘は高2なので

受験生ファーストのため

質問はしないつもりで参加していました。

しかし説明会の残り時間が少なくなり

質疑応答が落ち着いたと思われる時間帯に

入試担当の方が

「些細な事でも構いません、是非この場で疑問や不安を解消して下さい」

と言われ、

全体チャットに動きがなかったので、

思い切って幾つかの質問をしました。

 

我が家の質問は

入試の願書提出時と後期出願に関することでした。

もしかしたら浅い質問だったかもしれませんが、

入試担当の方に直接答えていただけて

不安が解消されました。

 

 

【入試概要説明会】

・リアルタイム

・〇ナビの担当者さんが進行

・大学の入試担当や事務課の方がスライドを使用し概要を説明

・最後に質疑応答の時間あり

 

私立大の説明会でした。

開設される新学部の紹介、

複数の多様な入試制度を図や表で分かりやすく教えてくれました。

共通テスト利用入試、一般選抜の詳細を知ることができ、

参考になりました。

出願方法を決めるきっかけになりそうです。

概要説明のあとに、

事前の質問フォームor当日オープンチャットからの質問に、

担当の方が口頭で答えました。

終了時間をオーバーしても止まない参加者の質問に、

時間をやや延長して

可能な限り応対される姿に好感を持ちました。

 

 

また予約したプログラムとプログラムの間に、

娘が通い始めた塾の保護者の全体会もオンラインであり

ZOOMの入退室でバタバタしました(笑)。

塾の保護者会は

スムーズな画面の切り替えと進行、

オリジナルで作成されたであろうテロップ等の使用から

講師の方がしっかり打ち合わせや準備をして開催しており、

自身の言葉で発言されているのも伝わって

こちらも有意義な時間になりました。

 

                               次回に続きます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓は過去の記事です。

お時間ありましたらお寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の日記を

最後まで読んで下さって有り難うございます。

※視野の狭い我が家の偏った日記ブログですので、ご注意くださいませ。