学習の変化etc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

娘は中2の春に塾に入るまで、

テストの直前でも

あまり勉強をしていなかったのですが、

中2の夏休みに入った8月から、

受験学年である小6、中3生の邪魔にならないよう

受験生が塾の授業を受けているとき等の

自習室が空いている時間を利用して

勉強を頑張るようになりました。

(㊟コロナの自粛期間中は除きます)

  

娘が勉強を始めた去年8月~今日までの約1年1ヶ月間を、

伴走して見てきたのですが、

その間に良い意味で変わったと気づいたことがあります。

 

私は時々どの単元をやっているのか気になって、

娘の学習ノートや記入済みのワーク、プリント類を

パラパラと見ることがあるのですが、

書き込みを見ると重要単語や漢字の送り仮名等の

書き間違いを見つけてしまうことがあります。

(実際に、

 ラムサール条約をラサムール条約と書いてあったことがあり

 重要なワードなので指摘したことがあります)

 

あまり勉強していなかった頃は、

私がノートを見るのは構わなくても

書き間違いを指摘されるのを嫌がっていたのですが、

テストや模試で書き間違いや覚え間違いのために、

何回も失点をして、

何度も悔しい思いをしたことで、

本人からノート等に書いたワードの点検をして欲しいと

言われるようになりました。

そこでたまにノートを見て

間違いに気がついたら声をかけるようにしているのですが、

以前だったら面倒くさそうに訂正していた娘でしたが、

最近は調べ直してすぐに訂正するようになった点が、

勉強に対する姿勢の変化として現れているように思うのです。

 

また娘は自分が

書き間違えて覚えることが多いのと、

自分には書いて覚えるより見て覚えた方が

効率が良い教科があるのようなのが分かってきて、

暗記の仕方も

覚え間違いをしない&効率の良い暗記をすることにも

意識が向くようになったことも見てとれています。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄り下さいませ。