学習etc(オーディオブック/part2)。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

前回のブログの続きです。

 

娘は中2の春に塾に入るまで、

テストの直前でもほとんど勉強をしていませんでした。

また習い事は小5の9月に友達に誘われて入会した〇文式以外は

何もやっていませんでしたが、

教育に関心がなかったわけではなくて、

日常生活の中で

自然に触れたり読み聞かせをしたりと、

できることを取り入れていましたが、

その一つに<オーディオブック>があります。

 

よく行く図書館にオーディオブックのCD(カセットも含む)や、

CD付きの絵本が多くあったので、ほぼ毎週借りてきました。

CDは幼稚園へ行く前or寝る前もしくは私の体調不良の時に、

読み聞かせ代わりとして流していました。

 

ラジオのような感じでCDはかけていたのですが、

私が思っている以上に

当時は幼稚園児だった娘が聞き入っていることがあり、

またお話の内容やセリフを覚えていることが多かったので、

びっくりしたこともありましたが、

今ではすっかり忘れてしまっていて、

私が成長した娘の前で

CDで聴いた印象的なセリフや

流れていた歌詞付きの歌を歌っても、

無反応でぽかんとしています(笑)。

 

下の画像は消費税が5から8%へ増税される直前に、

オーディオブックの魅力の虜になった私は

娘のためと言いながら本当は自分が欲しかったので(笑)、

思い切って購入したオーディオブックのセットです。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20200921153321j:plain

オーディオブックのCDセット

オーディオブック=耳で楽しむ本のため、

ペーパーの本は付いておらず、

原作者9人の童話作品集で、朗読は著名人7人による

全15枚のケース付きCDセットです。

CD1枚に数話~上·下巻で2枚にわたって

収録されている童話もあります。

ストーリーが長いものは、

CD1枚で収録時間が約50~60分ほどあるので、

童話というジャンルを超えて

文学と言っても良いと思うほどです。

 

中には戦争のお話もあり、

この原作者の代表作は小学校の教科書で、

私も娘もリアタイで授業で学んだ話なのですが、

代表作以外の戦争がテーマの作品も聴くことができ、

この童話が代表作に引けをとらないぐらい

戦地へ行かない一般人の戦争の現実を淡々と表現していて、

実際に朗読者は聴き手に先入観を与えてはいけないので、

感情を込めずに朗読しているのですが、

セットで購入しなければ、

この童話には出会わなかったかもしれない思うと、

セットのメリットを知った出来事の一つでもありました。

(㊟あくまでも個人的な見解です)

 

童話作品集なので、

幼稚園の児童でも知っているお話も多数あるのですが、

どれも原作者が超メジャー過ぎて、

どれも名作過ぎて

もともと私が特に好きな童話揃いでもあるので、

あらすじも結末も知っているのに、

CDをかけると聞き入ってしまう事が多々ありました。 

 

娘が成長したこともあり、

私も日中はパートで働いているため

聴こうと思いながらなかなか聴けずに

いつの間にか数年が経っていますが

大人でも聞き惚れるクオリティなので、

明日は聴こうと思いながら大事に仕舞ってあります(笑)。 

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄り下さいませ。