子の塾の自習室通いについて思ってしまうコトetc/part2。

「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

約10日ぶりの投稿です。

 

さて何度もブログに書いているように(笑)、

娘は中2の春に塾に入りました。

入塾後から数か月が経った8月に、

「自習室に行くのが当たり前になるぐらい自習室に行く」を

勉強をする上での一つの目標にしました。

それまでの娘の学習は、

小5の秋に友達に誘われて入会した〇文式の課題プリントと

中学校の宿題しかやっておらず、

中学校の定期テストや実力テストはほぼノー勉で受けていたので、

娘にしては”宿題以外の勉強を自主的にする”のは大進歩でした。

 

目標を掲げてからは、

塾の自習室が解放されている限り、

警報の発令時や自身の体調不良、

新型コロナウィルス感染拡大による全国一斉休校期間などの

特別な事情を除いては、

平日はもちろんですが土日・祝日も

自習メインの塾通いを現在も継続中です。

自主的に自習室に通い始めたのは中2の8月からですが、

今にして思うと当時の学習は、

本人はやっているつもりでいましたし、

私もやっているように思っていましが、

質も量もまだまだ未熟でした。

娘の場合は中2の冬、中3の春、夏と、

約4カ月ごとに自学が深くなったように私には感じられました。

自学の質が深くなるにつれて、

勉強の悩みも深みに嵌っていきました。

自学の深さが結果に直結しないことがあったからです。

 

昇降を繰り返しながらも、

中学卒業時には自学をスタートした頃よりも

定期テストと実力テストの点数と校内偏差値はアップし、

内申点も上がりました。

勉強をスタートする前に掲げていた目標はクリアできましたが、

描いていた理想には少し及びませんでした。

 

さて以前からブログに何度も書いていますが、

娘は天才肌でも優秀なタイプでもありません。

中2の後半から急ピッチで勉強を進めて、

志望高校にご縁をいただけて春から通っているため、

勉強を継続しなければ授業についていけなくなると

本人も強く自覚しています。

 

そのため高校に入学後も、

可能な限り塾の自習室に足を運んでいます。

足繫く自習に通っていますが、

成績は優秀な方の足元に及びません。

娘は中2の後半までマトモに勉強をしていなかったので、

約3年間もコツコツ自学を継続できていて、

志望高校に通っているだけでも我が家にとってはミラクルなのですが、

ラクルを味わってしまったので、

努力をすればどうにかなることもあるかもしれないと

思うようになりました。

 

ラクルな志望高校においても、

努力をすれば報われるコトがあるかもしれないと思ったのです。

容易なコトではないし、

娘はもっと大変になるだろうけれど、

本人が努力を信じられれば

きっと良いコトがあると思っていました。

高校生になってからは以前よりも勉強に励んでおり、

中学生の時は勉強を続けていると4、5カ月ごとに

自学がディープになった様子だったので、

中学よりも学習内容が高度になる高校だと1回目のディープは、

少なくても半年以上は待たないといけないと私は考えました。

 

私は”半年以上はステイ”で心づもりをしていましたが、

娘は高1の夏休み半ばに、

優秀な同級生との間にある差を思い知って劣等感を感じ、

コツコツ自学を積み重ねてもキープのままの成績に嫌気がさしたようでした。

娘は以前よりギアを上げて勉強に取り組んでいたために、

私の想定より早く煮詰まったように思えました。

10月頃までモチベーションの低下は続きました。

気になる大学のパンフレットを取り寄せたり、

数年後の未来像を家族で話したりしたことで、

ようやく娘なりに折り合いをつけて劣等感と共存している様子です。

 

しかし今度は私が、

娘が高校に入学して10カ月ほど経ち、

その間の学習は持続できているのだけれど、

今のところ成果を得た実感が乏しいため、

モヤモヤ感を抱く日があります。

 

前述したように娘は毎日のように塾に通っており、

塾であったことを少しは話してくれます。

塾の講師のなかには継続力も大切だと思っている方もいて、

娘には努力への励ましの声掛けをして下さっているようですが、

話の内容やニュアンスから多くの講師の方は

塾生の成績や合格実績もとても重視しているのが分かります。

娘の労力が報われていないような気がしている時は、

それらの話に私のちっぽけなマインドが揺さぶられてしまいます。

 

努力しても結果が伴わないと、

努力にスポットは当たらないと思えてしまうのです。

逆に努力をしなくても結果があれば、

スポットが当たるように思えてしまうのです。

 

努力や意志力、継続力はとても尊く、

人生を豊かにしてくれると思うのですが、

報われない期間が長くなると

家庭の方針や大切なコトを信じる力が弱くなってしまいます(涙)。

 

それでもコツコツやるしか術がないため、

不器用ながら努力を継続しますので、

どうか今年も良い年になりますように(笑)。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ↓過去のブログです。

お時間がありましたら、お立ち寄りくださいませ。 

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

                               本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を

最後まで読んで下さって有り難うございました。

(※このブログは視野の狭い我が家の感想を綴った日記です。ご注意下さいませ)