小学校の時の家庭学習の通信教材etc。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

  

現在、地方の公立中に通う中3受験生の娘が、

中2で塾に入るまでに学習で取り入れていたことを書きます。

 

小2から猫型ロボットでお馴染みのアニメのキャラクターが登場する

通信教材ど〇ゼ〇を小6まで続けました。

このど〇ゼ〇は小6の終了月までの約5年間、

(※小6で終了となります。詳しくはHP等でお確かめくださいませ)

毎月提出する確認テストの未提出は一度もなく、

添削後のテストと共に送付されるシールを集め、

希望の景品と交換しました。

このど〇ゼ〇は学校の教科書の進度に対応はしていないので、

学校の授業の予習&復習やカラーテスト対策として利用する場合は、

ご家庭の方針やサポートによると思いますが、

もしかしたら少し意向に沿わないかもしれません。

(※あくまでも個人的な意見です。ご確認下さいませ)

 

我が家がこのど〇ゼ〇を取り入れた理由は、

・何も習い事をしていなかったから

・学習習慣を身に着けるため

・ど〇ゼ〇のキャラクターに馴染みがあった

・教科書対応ではない方が、色々な問題に出会えると思った

・いくつかある通信教材の中で、教材に無駄が少なくシンプルだと感じた

・国語は作文や漢字の力をつける問題・課題が多かった

・テストを提出したご褒美?に貰えるシールを集めると景品と交換できる

 

等が理由でした。

 

このど〇ゼ〇の応用問題やパズルはなかなか凝った問題があって、

解けなくても良いとされているチャレンジのページのようですが、

娘が解けない時は私も挑戦したのですが、

苦戦した記憶があります。

 

ど〇ゼ〇と併用で通信教材の数〇研も小学校を卒業するまで、

可能な限り先取りで進めました。

こちらも月に一度確認テストを提出し添削してもらうスタイルです。

景品交換がないので娘のモチベーションは上がりませんが、

低コストで済みました。

 

こちらも毎月、課題テストの提出ができました。

我が家がこの数〇研を取り入れた理由は、
・ど〇ゼ〇以外に何もしていなかったから。

 (※↑ど〇ゼ〇と学校の宿題だけでは少し学習に足りないとも思ったから)

・学習習慣を身に着けるため
・算数だけは何としても苦手な教科にしたくなかった
・進度の調整が可能で、融通がつくシステム

・算数(数学)の1教科のみの利用が可能

・景品等がなくシンプルな教材で低コスト

 (※詳しくはHP等やお問い合わせでお確かめください)

等が理由です。

 

この数〇研は、ガンガン先取りも出来るので、

我が家では予習用として利用しましたが、

証明問題や確率・統計の問題はかなり苦戦して、

親子でバトルが何回、何十回もありました。

出来ない時は何度も同じ教材を取り寄せ(※有料です)、

繰り返し解いたこともありました。

証明は良い問題がとても多く、

確率は解説がとても分かりやすかったのを覚えています。

こちらは中高校生の教材もあるので、そのまま続けることも考えたのですが、

だんだん内容的に難しくなり私の下手な解説に無理が生じたのと、

多少は中学校の学習範囲の先取りが出来たのにくわえ、

小5の秋から近所の〇文式(英・算)に通い始めたため、

学校と〇文式の宿題、

ど〇ゼ〇と数〇研で時間的に余裕がなくなってきたので、

小学校卒業時に残念ながら辞めました。

 

どちらの通信教材も、

意欲的にできるお子さんでないと&家庭での声掛けやフォローがないと、

手つかずの教材や未提出のテストがいつの間にかたまってしまうという

”通信教材あるある”になってしまうので(笑)、

多少は親のサポートも必要だと思います。

(※我が家は多少どころではなく多大なサポートが必要な時もありました)

また親子だからこそ教える&教わる難しさという

お互いが感情的になりやすい”家庭学習あるある”もありました。

 

そもそも本人がやりたいと言ったわけではないのですが、

私が「やってみよう」と誘って、

学習習慣を身に着ける一つのツールとして利用したのですが、

毎日数ページで無理のない量ではありましたが何とかやりきれたので、

(※我が家は毎日、声掛けをして夕飯前にやっていました)

また期限内にテストの提出をする意識が身についたので、

我が家ではやって良かったと思っています。

 

まとまりのない文章を、 

最後まで読んで下さって有り難うございます。