伴走母から見た秋/part18。

 「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

    

今回も懲りずに最近の周囲の秋の様子を

ご紹介させていただきます。

  

さて…ミノムシですが

どこにいるかお分かりでしょうか?

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201106215309j:plain

ミノムシ

画像中央の真ん中の幹から左に伸びた枝にぶら下がっています。

全体にふっくらしているので

ミノガの幼虫が中に入っていると思われます。

 

カシのドングリです。 

先端にびっしりと実をつけていて、

重さでしなっている枝もありました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201106215346j:plain

たわわなカシのドングリ

 

ソヨゴです。 

どの枝にも小さな赤い実がぽつぽつと見られ、

この枝には赤い実の後ろに

熟後の黒い実もつけていました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201106215420j:plain

ソヨゴの実

 

モミジです。

ちらほらと葉に紅葉が見られました。

以前のブログに何度かモミジの画像はアップしていますが、

この木が面白いのは乾燥した白い翼のついた果実を

びっしりとつけているところです。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201106215500j:plain

種をつけたモミジ

 

カマキリの卵のうです。

成虫は何匹が見たので、

そろそろ産卵もあるだろうと予測しながら散策をしていたのですが、

見つけることが出来ました。

卵のうの状態から最近産み付けられたものであると予測できます。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201106215607j:plain

紅葉とカマキリの卵のう

 

空の青、卵の白、紅葉の赤が

トリコロールのようでユニークです。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201106215722j:plain

下から見たカマキリの卵

 

子供のころに見つけたカマキリの卵のうを持ち帰っては、

卓上海苔の蓋つきの透明なプラスチックボトルの容器が多かったのですが、

小さな穴を開けた密閉容器の中に入れて観察して

孵化を見たことがあり、

それはそれは…大発生という言葉以上の

強烈なインパクトがありました。

カマキリは肉食なのでとても飼育はできないので、

孵化後はすぐに元の場所に戻しました。

(クモの孵化も見たことがありますが、

カマキリと同じような発生だったのを思い出しました)

 

冬になると姿を消してしまう昆虫、植物等も多くなるので、

今のうちに散策を楽しんでおきたいと思ったのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。