伴走母から見た秋/part24。

 「中3受験生・伴走母の日記」ブログ

   - 本日もブログを開いて下さり有り難うございます -

 

11月に入り朝晩は冷え込む日が少しずつ増えてきました。 

秋が深まっていて冬の到来が近づいていることを感じる今日この頃です。

 

今回も懲りずに(笑)最近の周辺の秋の様子を

ご紹介させていただきます。

  

モミジです。

日本の秋の植物と言えば

個人的にはモミジ、ススキ、コスモスが思い浮かびます。

この木は数週間前に見た時よりも紅葉が進んでいて、

橙色~赤色になっていました。

この変化しつつある時期は、

短期間で葉の色合いが変わるので、

きっと次に訪れたら今回とは違った様子になっているのではないかと思います。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108192808j:plain

モミジ

最近ブログにアップさせて頂くために、

植物や木の実の写真を色々と撮ったのですが、

美的センスがゼロの私×リーズナブルなデジカメで撮影しても、

紅葉のモミジだけは(笑)

何とかマシに写っているように見えるから不思議です。

 

ラクウショウです。

以前に見た時よりもかなり黄葉がすすんでいました。

葉がメタセコイヤに似ているのですが、

葉や枝の付き方の他に、

生えている場所や気根、球果で見分けがつきます。

気根だらけの地面だけを見ていると、

亜熱帯のマングローブ林にいるかのように思えてきます(笑)。

この辺りでは広い公園等にラクウショウが

わりと植えられていることが多く、

幾つかの場所で見かけることができます。

 

この↓の木はとても背丈の高く

遠くから見ても存在感があって目立ちます。

この日は晴天で、

青空にラクウショウの黄葉がとても映えました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108193022j:plain

ラクウショウ

↓は別のラクウショウで、

直径2~3㎝前後の丸い独特な球果を

たくさん実らせているのが分かります。

以前にも少し書きましたが

この球果が大変にユニークで、

初めて球果を拾ったときは一体…何?と思ったほどです。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108193053j:plain

ラクウショウの球果①

 

メタセコイヤラクウショウ、ヒマラヤスギの球果の

形というかデザインはなかなか思いつかないほど独創性に富んでいて、

(幼少期の頃からオナモミやジュズ、ドングリ等を採取して

カメラフィルムを入れる蓋つきのプラスチック容器に

保管する等はしていたのですが)

私が木の実にハマるきっかけを作ってくれました。

 

f:id:ichigo-milk-haha:20201108193128j:plain

ラクウショウの球果②

 

小さなジャガイモのような外観をした球果を

既に大量に地面に落としていて、

踏むと丸い球果がギュっと地面の土に埋まったり、

ザクザクと音を立てクラッシュしバラバラになりました。

  

冬になると姿を消してしまう昆虫、植物等も多くなるので、

今のうちに秋の散策を楽しんでおきたいと思ったのでした(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。