前期中間テスト当日の母part2。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

娘は今日が前期中間テストでした。

1日の仕事を終えパートから帰宅した私は

先に学校から帰っていた娘が

テストの出来具合を自分から言ってくるのを待っていたのですが、

なかなかどうだったか言ってくれません。

言ってこないのは

何かしら引っかかることがあるから…だと思いましたが、

ちっとも言ってこないので、

それとなく聞いてみたところ…

娘にとって点数が予測のつかない国語が…

自信がないようでした。

 

いつもテストの国語は(対策が出来る漢字、古文、漢文以外)、

数学や社会のように自信を持って答えを書いているわけではなく、

何となく…多分…これが答えかな…といった感じで解答していて、

一体どうやったら自分の解答に自信が持てるのだろうか…

一体いつになったらそういう時がくるのだろうか…と思いながら、

なかなか手が回らずに大した方策がないまま、

そして大した方策が思いつかないために

結局勉強が後回しになり、

結果が出やすい社会や理科に勉強の重点を置いてしまい、

現在に至るのですが、

今日のテストも…我が家の対策の甘さが

露呈したような気がしています。

 

採点された解答用紙が戻ってくるのは週明け以降なので、

まだ結果が分からないのですが、

娘の手ごたえの感触から、

過去のブログで書いているように、

定期テスト&実力テストの目標点が450点以上なので、

(※点数ではなく平均点との差や偏差値の方が

 立ち位置が分かるので重要なのは理解しています)

1教科でも大きく点数を下げる科目があると、

すぐに目標に手が届かなくなるため、

現時点では達成がちょっとキビシイかも…です。

 

国語以外の4教科はそれなりに手ごたえがあったようですが、

1教科でも不振だと目標クリアが難しくなるのを知っているがゆえ、

国語の不振>4教科になっており、

もやもや感を抱いたまま週末を過ごすことになりそうです。

本当は4教科が頑張れた感があるのなら、

十分に努力できたと思うし、

存分に自信を持っても良いのですが…。

   

週明けの返却を待ち、

反省に生かせるようにしたいです。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。