テストと模試の間違い直しetc/part3。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

前回のブログの続きです。

 

娘は中3で受験生なので最近は模試やテスト等が続いています。

テストを受けてから

結果や解答を受け取るまでに2~3週間の期間があり、

その間に別の模試等があるので、

何がなんだか分からなくなってしまっています(笑)。

 

そのためテストを受けた日がベストですが、

遅くとも数日以内には解答が無くても、

数学や英語のヒアリング等は確認が難しいかもしれませんが、

例えば社会、理科、国語の漢字で

自信を持って答えれなかった単語や用語・分野の確認はマストだと気づき、

なるべく記憶が残っているうちに確認と復習をするようにしました。

後回しにして弱点の確認と克服ができないまま

弱点の克服をしても同じ単元から問題が出題されるとは限りませんが、

次のテストを受けてしまうと

同じような間違いをして

点を取りそびれてしまうかもしれないのも惜しいですが、

弱点が克服できたかどうかを知る機会を

逃すのも惜しい気がするのです。

また後回しにして、

数回分のテストの解き直しがたまってしまうと、

どうしても直近で受けた方から始めてしまいがちになり、

それ以前のテストの解き直しや確認が疎かになったり手薄になったり、

手が回らなくなってしまう可能性があるのも、もったいないのです。

 

日々の学校の授業と定期テストの勉強以外に、

模試等の対策と、模試後の解き直しや復習の労力や時間のバランスを

本人に任せているので、

私は声かけにとどめているため、

何とか不器用なりにやりくりして調整しているとは思うのですが、

このペース配分が悩みどころでもあるのです(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。