塾withお弁当。

「中3受験生・伴走母の日記」ブログです。

 

娘は中2春に塾に入り、

約11ヵ月前の中2の8月からは可能な限り、

週3回塾の授業+週3回の自習室利用=週6回の塾通いを続け、

先月中旬に転塾してからも、

週3回塾の授業+週3回の自習室利用=週6回の塾通いを続けています。

(㊟塾の休講日や体調不良を除く)

 

土曜は塾の自習室が利用できる13時半~終了時間まで

(たまに日曜も開放有り)

可能な限り滞在させたいので💦、

娘にお弁当を持たせて塾へ送るのですが、

1日頑張った娘を迎えに行き、

自宅に着いて水筒やお弁当箱を洗う時に、

お弁当箱が空になっていると…ホッとします。

なぜなら…料理が苦手な私にとって、

お弁当作りは心理的に技術的にハードルが高いのです。

  

私のおかずのレパートリーがあまりにも少なすぎるので、

とにかく小さ目のお弁当箱ですら、

隙間をいかにうめるかがテーマなのです。

お弁当作りは私にとって

食材で「隙間を埋める作業」なのです。

さらに困ったことに、

一応…JC女子なので、

お弁当箱のフタをパカッと開けたときに

あまり恥ずかしくない見た目にもしないといけません。

定番のウインナー&卵焼き&ブロッコリー&プチトマトは

レギュラーどころか殿堂入りです。

あとの隙間を何で埋めるか…💦

 

何とか家を出る予定時間にお弁当づくりを間に合わせ、

台所の流しには、

大したものは作っていないのにも関わらず…

小皿や菜箸やざる、ボールで洗い物がいっぱいですが💦

帰ったら洗うことにして、

先に娘を塾へ送って行きました。

22時過ぎに迎えに行き帰って来て、

今日のお弁当箱を洗うためフタを開けたところ…

空になっていて…ホッとしました。

ただ娘に「毎回同じおかずだから…もう少し工夫して」と

ダメ出しもされましたが💦

卵焼きをゆで卵に変えるくらいしか、

今は思いつかないのですが…

明日は中間テスト前で塾の自習室が開放されるので、

大変ありがたいのですが、

1日塾で過ごす予定のため…お弁当作りもあります。

多分いや間違いなく今日のお弁当の複製になること

間違いなし…です(笑)。

 

最後まで読んで下さって有り難うございます。

またお立ち寄りくださいませ。