子の高校で初の期末テストで、親の私が勝手に思うコトのetc/part3。

 「元:中3受験生・伴走母」からの「大学受験へ始動開始生・見守り母」の日記ブログ 

                                         2021/5start

 

本日もブログを開いて下さってありがとうございます 。

 

さて前回の続きを懲りずに書かせていただきます(笑)。

 

娘の通う高校で前期期末テストがありました。

一年生なので高校の期末テストを受けるのは初でした。

天才肌でも優秀なタイプでもないごく普通の我が娘が、

中学とは比にならないくらいボリュームが増えて内容が濃くなる

高校の学習に適応&対応するには、

少なくても同学年の子達の倍を勉強するしかありません(涙)。

 

前回受けた中間テストと今回の期末テストを比べると、

・夏休み明けである

・保健と家庭科がある

・中間テストの範囲も含んだ前期(4~9月後半まで)の内容から

 出題される科目が多い

の理由から、

試験範囲が広くなるのは想定していましたが、

テスト日の約2週間前に知らされた範囲を確認すると、

やはり膨大であると感じました。

こんなに膨大な量なら、

夏休み前から範囲を教えて欲しいと思ってしまいますが、

テスト日の少し前に知らされるのは、

学校や先生方のご都合以外に、

範囲を知ってしまうと、

娘のような子は範囲内しか学習しなくなるというのが、

理由の一つにあるかもしれないと勘ぐってしまいます(笑)。

 

娘の通う高校の一年生の前期期末テストは、

国語・・・現代文、古典

数学・・・数学Ⅰ、数学A

英語・・・コミュ英、英表

理科・・・生物、物理

社会、保健、家庭科 の

7教科11科目です。

 

習得に労力や時間が要される国・数・英は各2科目で、

現代文と古典は同じ国語科ですが、

古典には漢文も含まれており、私には全く別の教科に感じました。

また暗記だけでも理科や社会以外に

かなりのボリュームの現代文の漢字、古典単語の意味や活用形、

英単語や構文等があります。

そのため平凡な娘が

中学の時より1週間ほど早めに勉強に取り掛かったところで、

どうにかなるワケはありませんでした。

 

テスト実施日が直前に迫った頃に、

どれだけピッチを上げても仕上がった感アリにするには

時間が全く足りないことに気がついた娘は、

大学受験で本人が選択する予定がない生物と、

保健と家庭科の勉強を”ほどほど”にしたようです。

けれども”ほどほど”に手をつけたのは、

娘が通う高校が、

定期テストは赤点だと補習と追試がある

・単位制である

・テスト結果の順位が3教科と5教科で示される

(※期末が初のため、

 保健と家庭科を含めた7教科でも順位が出されるのかは不明です。

 もし判明したらブログでお伝えします)

からです。

さらに本人に、

・推薦入試の可能性をわずかでも残しておきたい

理由もあるからです。

 

いくつもの副教科の実技が壊滅的なので、

たとえペーパーテストで高得点がとれたとしてもカバーしきれず、

(※高校受験に必要な中学の内申点にも、何度も悩み泣かされました。

  過去ブログにありますので、お時間がありましたらお立ち寄りくださいませ)

親子共に推薦は現実的にかなりキビシイむしろ相当ムリと考えていますが、

万が一の時に備えておきたいからです。

そもそも単位制のため、

壊滅的な実技を少しでもカバーするためには

ペーパーテストで頑張るしかないのです。

来年に次学年に進み、再来年に高校を卒業するには、

単位が必須だと考えるからです。

 

普通の娘×凡人の私の親子は、

定期テストの度に右往左往しています。

 

全てのテスト科目を受け終えるまでは、

私は娘の勉強に対して“見ざる聞かざる言わざるですが”、

テストが終了して

娘が結果を”見ざる聞かざる”で、

娘は結果を私に対して”言わざる”にならなければ良いなと思い、

もし娘が私に結果を見せてくれるとしたら、

私は娘の結果に対して不満と不安を“言わざる”でなければならないと

心から思うのでした(笑)。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 (↓過去ブログです。良かったらお立ち寄りくださいませ)  

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

 

ichigomiruku900-haha.hatenablog.com

   

                           本日はここまでです(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拙い内容の文章を、最後まで読んで下さって有り難うございます。

(※このブログは視野の狭い我が家の感想を綴った日記です。ご注意下さいませ)

またお立ち寄りくださいませ。